Google検索

Windows7 & Office2010 Excel2010

条件付き書式のコピー

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2010に限ったことではありませんが、条件付き書式は、コピー、貼り付けして使用することができます。

書式設定

条件付き書式の設定

たとえば、下のように[10年度]と[11年度]の一覧表があります。

500,000以上の範囲内の行には色を付けるようにしたいと思います。

2つの表

セル[A3]からセル[B9]までを選択して、[ホーム]タブにある[スタイル]グループから[条件付き書式]をクリックして、[新しいルール]をクリックします。

新しいルール

[数式を使用して、書式設定するセルを決定]をクリックします。

[次の数式を満たす場合に値を書式設定]のテキストボックスに[=$b3>=500000]と入力して、[書式]ボタンをクリックして、[塗りつぶし]タブから色を選択します。

[OK]ボタンをクリックして閉じていきます。

新しい書式ルール

B列の値が500000以上の場合、範囲内の行に(A列にも)書式が設定されます。

条件付き書式設定

参考条件付き書式は、クイック分析から設定することもできます。(Excel2013以降)

クイック分析で簡単データ分析

クイック分析は、Excel2013からの機能です。 セル範囲を選択すると、選択範囲の右下に[クイック分析]のボタンが表示されます。 このボタ ...

続きを見る

条件付き書式のコピーと貼り付け

条件付き書式を設定したセル[A3]からセル[B9]までのどのセルでも構いませんので、1つ選択してコピーします。

11年度の表、セル[D3]からセル[E9]を選択して、[貼り付け]ボタンの▼をクリックして、[書式設定]をクリックします。

書式設定

書式が貼り付けられますが、数式を編集しなければなりません。

参考データバーなどの条件付き書式なら、編集する必要はありません。また、1列のみの数式の書式設定であれば修正は不要です。

条件付き書式のデータバーにマイナスの値も表示可能

Excel2010の条件付書式のデータバーでは、マイナスの値も表示可能になりました。 参考データバーは、クイック分析から設定することもできま ...

続きを見る

[ホーム]タブにある[書式のコピー/貼り付け]ボタンをクリックして貼り付けることもできます。

書式のコピー/貼り付け

以下の記事で解説しています。

条件付き書式のコピー(blog)

ルールの編集

11年度の表、セル[D3]からセル[E9]を選択して、条件付き書式の[ルールの管理]をクリックします。

ルールの管理

[条件付き書式ルールの管理]から[ルールの編集]をクリックします。

ルールの編集

[書式ルールの編集]から数式を編集します。

この場合[=$B3>=500000]を[=$E3>=500000]にします。

ルールの数式

10年度も11年度の表も500,000以上の範囲内の行に書式を設定することができました。

2つの表

参考条件付き書式のルールの削除については、以下の記事で解説しています。

条件付き書式のルールの削除(ルールのクリア)

また、貼り付けオプションの[条件付き書式の結合]については、以下の記事で解説しています。

条件付き書式を設定している表をコピーすると、貼り付けオプションには[条件付き書式の結合]のコマンドが表示されます。

[条件付き書式の結合]をクリックすると、貼り付け先の表に条件付き書式が追加されます。

Excel2010の貼り付けオプション

貼り付けオプションのアイコンにマウスをポイントすると(合わせると)、ポップヒントにコマンド名が表示されます。 ポイントするだけで、貼り付けし ...

続きを見る

関連以下は、条件付き書式に関するページです。

アクティブセルの行に色を付ける

Excelで横や縦に長い表の場合、アクティブセルのある行全体や列全体に塗りつぶしを設定すると、見やすくなることがあります。行番号、列番号を見 ...

続きを見る

条件付き書式のアイコンセットの区分け

Excel2010以降の条件付き書式の[アイコンセット]は便利ですが、アイコンセットのアイコンの種類を区分けする範囲は既定で決められています ...

続きを見る

条件付き書式のデータバーを活用して点数をグラフ化

Excelの条件付き書式のデータバーを使用すると、セルの中に数値をグラフのように表示することができます。 Excel2010で試験の点数をデ ...

続きを見る

空白セル(0表示)をグラフに反映させたくない

Excelで下のような表を元に複合グラフを作成しました。 2011年度のデータは、7月までしかありません。 E列では、累積を求める式を入れて ...

続きを見る

2つの列の差分を求める(重複しない一意の値を求める)

Excelで2つの列にデータが入力されていて、そのデータの差分を求めたい場合がありますね。 たとえば、下のようにA列には分析用データとして別 ...

続きを見る

セル範囲の中から数値に見える文字列のセルを見つけるには

Excelのセルに数値が入力されていると思っても、実際は文字列だったということがあります。 見た目は数値に見えても表示形式は文字列になってい ...

続きを見る

小数点の位置を揃えるには(小数点以下の異なる桁数が混在する場合)

一列の複数セルに小数点以下の桁数の異なる数値が並んでいる場合、小数点の位置は揃いません。 小数点以下の異なる桁数の数値が混在していても、小数 ...

続きを見る

[令和1年]を[令和元年]と表示する(ユーザー定義と条件付き書式)

Excelで[セルの書式設定]で和暦表示にすると、2019/05/01から2019/12/31までは[令和1年]と表示されます。この[令和1 ...

続きを見る

条件付き書式のデータバーを右から左へ表示するには

以下の記事はExcel2003で解説しています。

条件付き書式の活用(土日のセル背景に色をつける)

Excelの条件付き書式は便利ですね。 たとえば、毎月の予定表をExcelで作成しているとします。 土曜日は薄い水色の塗りつぶし、日曜日はロ ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.