おすすめ記事

同じカテゴリー

特定のページにのみ透かしを挿入する



Wordでは下のような透かし文字や透かし画像を挿入することができます。透かしの挿入で解説しています。この透かしを挿入すると、既定のままでは全てのページに挿入されますが、特定のページにのみ透かしを挿入することもできます。
2ページ目のみに透かしを挿入した完成文書
下のように3ページにわたる文書があります。この2ページ目のみに透かしを挿入したいと思います。透かしを挿入する前に少し設定が必要になります。3ページの文書

スポンサーリンク

まずセクション区切りを挿入します。2ページ目の先頭にカーソルをおいて、[レイアウト]タブの[区切り]から[セクション区切り]の[次のページから開始]をクリックします。セクションの挿入
3ページ目も同じように先頭にカーソルを置いて、[レイアウト]タブの[区切り]から[セクション区切り]の[次のページから開始]をクリックします。F4キー(直前の操作の繰り返し)を押してもOKです。
3ページ目にもセクションの挿入
[ホーム]タブの[編集記号の表示/非表示]がオンの場合、下のように[セクション区切り(次のページから新しいセクション)]が表示されます。
編集記号の表示
文書の上部(ヘッダー領域)をダブルクリックします。
ヘッダー領域をダブルクリック
ヘッダー/フッターが編集できる状態になります。ヘッダーセクションも表示されています。
ヘッダー/フッター
2ページ目のヘッダーでクリックします。クリックすると、[ヘッダー/フッター ツール]の[デザイン]タブの[前と同じヘッダー/フッター]がオンになっていると思います。この[前と同じヘッダー/フッター]をクリックしてオフにします。
前と同じヘッダー/フッターの解除
[前と同じヘッダー/フッター]をオフにすると、下のように[前と同じ]という表示のが消えます。
前と同じが消えた状態
3ページ目もヘッダーにカーソルを置いて、同様に[前と同じヘッダー/フッター]をオフにします。下のようになります。これで準備は完了です。
設定後
2ページ目のヘッダーでクリックします。[デザイン]タブをクリックして切り替えます。[透かし]をクリックして、目的の透かしをクリックします。
透かしの挿入
2ページ目のみに透かしが挿入されます。
2ページ目に透かしを挿入
ヘッダー/フッターを閉じるには、[デザイン]タブの[ヘッダーとフッターを閉じる]ボタンをクリックします。または、本文内でダブルクリックします。[ヘッダーとフッターを閉じる]ボタンのポップヒントにも"文書内の領域をダブルクリックして文書の編集に戻ることもできます。"と記されています。
ヘッダー/フッターを閉じる
下のように2ページ目のみに透かしを挿入することができます。下は、分かりやすくするため挿入した透かしの文字色を赤くしています。
2ページ目のみに透かしを挿入した完成文書
透かし文字の色を変更する場合は、ヘッダー/フッターを表示して、透かしを選択します。透かしの文字を選択すると、[ワードアートツール]の[書式]タブが現れますので、[ワードアートの文字の塗りつぶし]から設定することができます。透かしのサイズと位置の変更も参考になると思います。
ワードアートの文字の塗りつぶし

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする