同じカテゴリーの記事MENU

テキストボックス

スポンサーリンク

Wordでのレイアウトは意外に面倒と感じる方も多いですね。
テキストボックスを使うと楽にできます。


図形描画ツールバーの[テキストボックス]をクリックします。
図形描画ツールバー

図形描画ツールハ゛ーが表示されていない場合は、メニューバーの[表示]→[ツールバー]→[図形描画]をクリックしてください。

またはメニューバーの[挿入]→[テキストボックス]-[横書き]をクリックしてもいいです。
どちらの方法でも構いません。
挿入メニュー テキストボックス


画面上でクリックします。
描画キャンバスが表示されます。[Delete]キーを押して削除しましょう。
描画キャンバス


描画キャンバスが削除されたら、画面上でドラッグします。
テキストボックスが作成されました。
テキストボックスの作成


テキストボックス内に文字を入力します。
文字入力


テキストボックスを移動する場合は、枠線上でマウスポインタの形がマウスポインタの形に変わったときにドラッグします。
または、キーボードの方向キーを押すことで移動できます。
テキストボックスの移動


サイズを変更したい場合は サイズ変更ボタン(枠線上の○)にマウスをポイントすると
マウスポインタの形  左のような形に変わるので そのときにドラッグしてサイズを調整してください。
テキストボックス


テキストボックスに色をつけたりすることもできます。
図形描画ツールバーのボタンを使って いろいろ設定できます。
枠線の形に気をつけてくださいね。枠線が斜めの状態では フォントの色の変更はできません。
枠線が斜めの状態でフォントの色を変更したいときは、文字列をドラッグで範囲選択してください。

枠線が網の状態のときはテキストボックス内全体の設定することができます。

テキストボックス内の文字を部分的に変更したい場合は、
変更したい文字列を選択して書式設定ツールバーの[フォントサイズ]や[フォントの色]ボタンから大きさや色を変更することができます。
フォントの色は図形描画ツールバーの[フォントの色]でも同じです。
図形描画ツールバー

[影付きスタイル]の[影の設定]についての詳細はここで解説しています。
[3Dスタイル]の[3Dの設定]についての詳細はここで解説しています。


こういうものを作成してみました。
テキストボックスの変更


[線の色]を[線なし]にすると 見た目はテキストボックスというのもわかりませんね。
線なしテキストボックスの枠線なし

カレンダーなどに書き込んだりする場合は、塗りつぶしの色も[塗りつぶしなし]にすると使いやすいです。
テキストボックスを透明にするを参照してください。


そのほかの設定をしたい場合は、メニューバーの[書式]から[テキストボックス]をクリックして、
[テキストボックスの書式設定]ダイアログボックスから、いろいろな調整をすることができます。
書式メニュー
[テキストボックス]タブからは、テキストボックス内の文字の間隔を設定できます。
テキストボックス内の垂直方向の中央に文字を配置したい場合などは、ここで調整します。
(水平方向の中央の場合は、書式設定ツールバーの[中央揃え]のボタンで可能です。)
テキストボックスの書式設定ダイアログボックス

また、文字列に合わせてサイズを変更したいときは、[文字列に合わせて描画オブジェクトのサイズを調整する]にチェックをいれます。
下のようになります。
文字列に合わせて描画オブジェクトのサイズを調整する

[描画オブジェクト内で文字列を折り返す]のチェックをオフにすると、テキストボックスの幅も自動的に文字列に合わせられます。
描画オブジェクト内で文字列を折り返す

[レイアウト]タブなども見てみてくださいね。

[テキストボックスの書式設定]を表示する方法は、枠線上で右クリックして、ショートカットメニューの中から選択する方法もあります。
枠線上でダブルクリックしても表示できます。

テキストボックスを削除したい場合は、テキストボックスを選択して(枠線が網の状態で)[Delete]キーを押してください。


すでに入力済みの文字列もテキストボックスに変更することができます。
テキストボックスに変更で解説しています。

また、テキストボックス同士をリンクすることができます。
テキストボックスのリンクを参照してください。

大きさが違うテキストボックスを揃える方法を解説しています。
テキストボックスの大きさを揃える

Tweet



Word2003 menuページへ
Copyright(c)2001-2014 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.
このページのトップへ戻る