1. 初心者のためのOffice講座
  2. Word2003_menu
  3. 切り取り線

切り取り線

スポンサーリンク

Wordで切り取り線を入力する方法です。

@
直接入力で「-」をページ中央付近まで入力します。
日本語入力をオン(ひらがな)にして「切り取り線」と入力します。再度、直接入力で「-」をページの端まで入力します。
この方法で描いた切り取り線は単語登録ができます。単語登録についてはこちらを参考にしてくださいね。
少し短くはなりますが、便利ですよ。

同じ方法ですが、切り取り線を単語登録では図説しています。
切り取り線
A
書式設定ツールバーの下線から点線を入力して、スペースキーを押して下線の点線を入力します。
下線ボタン


点線がひかれました。

点線


図形描画ツールバーのテキストボックスをクリックします。
描画キャンバスが表示されたら、「Delete」キーで消します。

テキストボックス



図形描画ツールバーが表示されていない場合は、
メニューバーの「挿入」から「テキストボックス」→「横書き」をクリックします。
同じく、描画キャンバスが表示されたら、「Delete」キーで消します。
挿入メニュー


点線の中ほどでドラッグして、テキストボックスを作成します。
「切り取り線」と入力します。
入力
サイズ変更ボタンで大きさを調整します。
(周りの白い○をポイントすると、マウスポンタの形が矢印に変わります。そのときにドラッグして調整します。)
位置も調整しましょう。枠線上でマウスポインタの形がマウスポインタこの形になったときにドラッグします。
「Alt」キーを押しながら、ドラッグすると微調整できます。

テキストボックスについてはこちらも参考にしてくださいね。


図形描画ツールバーの「線の色」から「線なし」をクリックします。
線の色 線なし


下のようにできました。
切り取り線


B
また、点線を入力する方法としては 図形描画ツールバーの「直線」をクリックして、ページ幅に直線を引いて、
「実線/点線のスタイル」から点線に変更する方法もあります。
実践/点線のスタイル


C
あるいは 太い点線でよければ直接入力で「*」を3回入力して「Enter」でもいいですね。これについてはこちらを参考にしてください。
どちらの方法でも 点線を描いてテキストボックスの文字を重ねます。


D
もう一つ、段落罫線を引いてテキストボックスを重ねる方法もあります。
まず、ツールバーの「罫線」ボタンをクリックして、罫線ツールバーを表示させます。
罫線ボタン
「罫線を引く」ボタンがオンになっていると思いますので、ボタンをクリックして解除します。
罫線ツールバー


罫線を引きたい段落の段落記号をドラッグします。
段落記号の選択


「罫線を引く」ボタンをクリックして、「線の種類」の▼ボタンをクリックして点線を選択します。
下罫線


「外枠」の▼ボタンをクリックして、「下罫線」を選択します。

罫線ツールバー


段落罫線が引かれます。上と同じようにテキストボックスの文字を重ねます。
また、この段落罫線はインデントをつかって長さを調整できます。Blogの段落罫線を参照してください。
段落罫線


E
タブとリーダーを使う方法もあります。
「Tab」キーを押して、タブを入れます。そして「切り取り線」と入力します。そのあと、また「Tab」キーを押してタブを入れます。
Tab


メニューバーの「書式」から「タブとリーダー」をクリックします。
ショシキメニュー タブとリーダー


「タブとリーダー」ダイアログボックスが表示されます。
タブ位置に「20」、種類から「中央揃え」、リーダーは、(3)をクリックします。
「設定」ボタンをクリックします。
タブとリーダーダイアログボックス

今度は、タブ位置に40と入力して、あとは同じように選択して「設定」ボタンをクリックします。
「OK」ボタンをクリックします。
タブとリーダーダイアログボックス


ページ幅のちょうど真ん中に「切り取り線」と入力することができました。
これは 文字数が40字の場合です。
切り取り線

Tweet



Word2003 menuページへ
Copyright(c)2001-2014 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.
このページのトップへ戻る