おすすめ記事

同じカテゴリー

オブジェクトの選択ボタンのドラッグ操作は描画キャンバス内で有効



Word2010では、オブジェクトの選択ボタンで図形を囲むようにドラッグしても、これまでのように複数の図形を一気に選択することができません。描画キャンバスを使用した場合のみ、この操作ができます。
※拡張子が[.docx]の場合です。
互換モードの場合は操作が異なりますので編集中の文書が[互換モード]と表示されているかいないか確認してください。
下は、Word2010でクリップアートや図形を組み合わせて作ったものです。
※現在、Microsoftのクリップアートは終了しています。写真やイラストの素材は、無料イラストなら【イラストAC】がお勧めです。
上は、描画キャンバスを使用していません。下は、描画キャンバス内で作成しました。
文書

[描画キャンバス]は、[挿入]タブの[図形]から[新しい描画キャンバス]をクリックして表示します。
挿入タブ
[ホーム]タブの右端にある[選択]から[オブジェクトの選択]をクリックします。
オブジェクトの選択

スポンサーリンク

作成した図の左上から右下に向かって、全体を囲むようにドラッグします。
上の図は、どの図形も選択されません。下の描画キャンバス内では、2003の時と同じように複数の図形を選択することができます。
描画キャンバスでドラッグ

描画キャンバスを使用せずに複数の図形を選択する場合は、[Shift]キーを使って選択します。
または、[選択]の[オブジェクトの選択と表示]をクリックして、
オブジェクトの選択と表示
右側に表示されるウィンドウから目的の図形をクリックして選択します。この場合は、[Ctrl]キーを使って複数の図形を選択します。
ただし、図の文字列の折り返しが[行内]の場合は、選択できません。
図形の選択

どうしても、描画キャンバス外でオブジェクトの選択ボタンを使いたいのであれば、名前を付けて保存で、[Word97-2003文書(*.doc)]として保存して、[互換モード]で編集する方法がいいかもしれません。この互換モードで操作する場合も、図の文字列の折り返しが[行内]の場合は、選択できません。

※Word2007で描画キャンバスを使用していない図で[オブジェクトの選択]ボタンで、ドラッグして同じ操作をすると、下のようにクリップアートは選択されません。
Word2007のこの仕様については、図形と画像のグループ化(Word2007)でも解説しています。
描画キャンバス使用なし

※Word2013以降では、描画キャンバスを使用しないでもドラッグ操作で選択できるようになっています。
複数オブジェクトの選択が可能で解説しています。


※現在、Microsoftのクリックアートは終了しています。クリップアート終了の波紋
クリップアートが終了してからは、もっぱら無料イラストなら【イラストAC】 でお世話になっています。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする