おすすめ記事

同じカテゴリー

PowerPivotのリレーションシップ



Excel2010のPowerPivotで、下の操作でExcelファイルを取込ました。
PowerPivotでExcelファイルのデータをインポート
インポートしたデータは、2つのシートがあって、そのデータでピボットテーブルを作成しました。

[行ラベル]には[データ]から「製品コード]、値セクションには[数量]を配置しました。
そして、[列ラベル]には[販売単価]を配置すると、[フィールドの一覧]の上部に[リレーションシップが必要である可能性があります]と表示されます。そこで[作成]をクリックします。
リレーションシップが必要である可能性があります
[リレーションシップ]ウィンドウが表示され、リレーションシップが自動的に検出されます。
[完了]と表示されたら、[閉じる]ボタンをクリックしてウィンドウを閉じます。
[リレーションシップ]ウィンドウ
ピボットテーブル内の数値が正しく表示されます。
ピボットテーブルの値が正常化
[PowerPivotウィンドウ]を表示して、[ダイアグラムビュー]をクリックするとリレーションの設定を視覚的に確認することができます。
ダイアグラムビュー

スポンサーリンク

中央の接続線をダブルクリックすると、[リレーションシップの編集]ダイアログボックスが表示されます。
リレーションシップの編集
Microsoftのページです。参考になります。
PowerPivot for Excel 2010 応用編 表現力の高い分析レポート作成

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする