おすすめ記事

同じカテゴリー

散布図のラベル表示



Excel2013以降では、標準で散布図にラベル表示ができるようになりました。
下のような表を元にラベルを表示した散布図を作成しようと思います。
表と散布図
表内をアクティブにして、[挿入]タブにある[おすすめグラフ]をクリックします。
おすすめグラフ

スポンサーリンク

[グラフの挿入]ダイアログボックスの[おすすめグラフ]が表示されます。上から3番目に[散布図]がありますのでクリックして選択します。解説には、「散布図は、2つ以上の値のセットや、データの組を比較する際に使用します。値のセット間の関係を示す場合に、このグラフを使用します。」とあります。こういう解説も読んでいただくと、グラフを選ぶ場合に参考になると思います。プレビューを見て問題がなければ、[OK]ボタンをクリックします。ここでは、ラベル表示はされていませんが、グラフを作成後にラベル表示をすることができます。
グラフの挿入ダイアログボックス
散布図は、下のように作成されます。
散布図
グラフを選択すると、グラフの右上に3つのボタンが表示されますので、一番上の[グラフ要素]から[データラベル]をクリックして、[その他のオプション]をクリックします。
グラフ要素
ウィンドウの右側に[データラベルの書式設定]が表示されます。
データラベルの書式設定
[ラベルオプション]の[セルの値]のチェックボックスをオンにします。[データラベル範囲]ダイアログボックスが表示されます。ダイアログボックスの拡大/縮小ボタンをクリックして、
データラベル範囲
散布図に表示したい商品名の範囲を選択します。[OK]ボタンをクリックします。
データラベル範囲の選択
下のように散布図に商品名が表示されます。売上面積値が不要であれば[Y値]のチェックボックスを外します。
Y値
後はタイトル名を書き換えると下のようになります。
グラフの完成
※グラフの角を丸くするには、[塗りつぶしと線]の[枠線]にある[角を丸くする]のチェックボックスをオンにします。
グラフの角を丸くする
Excel2010以前で散布図にラベルを表示するには、散布図の作成(Excel2003)や散布図の作成(Excel2007)を参照されてください。
複合グラフの作成方法も紹介しています。Excel2016のおすすめグラフ

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする