スポンサーリンク

おすすめ記事

同じカテゴリー

ドキュメントの場所



クイックアクセスツールバーは、タブを切り替えずに使用できるので便利ですね。
クイックアクセスツールバー
その他のコマンドの中に[ドキュメントの場所]というのがあります。
このボタンをクイックアクセスツールバーに追加すると、起動中のファイルのパスを表示して、そのパスをコピーすることができます。

クイックアクセスツールバーに[ドキュメントの場所]ボタンを追加する方法を紹介します。
クイックアクセスツールバーの▼ボタンをクリックして、[その他のコマンド]をクリックします。
その他のコマンド
ここでは、Excel2013を使っていますので、[Excelのオプション]となっていますが、WordやPowerPointでも同じように設定することができます。
[コマンドの選択]から[リボンにないコマンド]を選択します。
[ドキュメントの場所]を探して選択します。中央にある[追加]ボタンをクリックします。
右側に[ドキュメントの場所]が追加されたことを確認して、[OK]ボタンをクリックします。
オプションダイアログボックス

スポンサーリンク

クイックアクセスツールバーに[ドキュメントの場所]が追加されます。
[カメラ]と[可視セルの選択]ボタンも同じようにして、クイックアクセスツールバーに追加しています。
クイックアクセスツールバー
ドキュメントの場所で右クリックすると、ショートカットメニューが表示されます。
ショートカットメニュー
ファイルのパスをコピーするには、バックステージビューから操作することもできます。
ファイルのパスをコピーする
【ファイルのパスの活用】
ファイルのパスをコピーして、メール本文に貼り付けて送ると、受信者側は、エクスプローラーや、IEのアドレスバーにパス貼り付けて開くことができます。
また、パスをコピーして同じ拡張子のアプリケーションを起動して、[ファイルを開く]ダイアログボックスの[ファイル名]に貼り付け、[開く]ボタンをクリックしてファイルを開くこともできます。
ファイルを開く

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする