おすすめ記事

同じカテゴリー

パスワードを使用して暗号化



Word2010、Excel2010、PowerPoint2010などには暗号化してパスワードを設定する機能があります。
設定されたファイルは、正しいパスワードを入力しないと開くことができません。

ここでは、Word2010で解説します。
[ファイル]タブをクリックして[情報]カテゴリーを表示します。
[文書の保護]をクリックして、[パスワードを使用して暗号化]をクリックします。
パスワードを使用して暗号化
[ドキュメントの暗号化]ウィンドウが表示されますので、任意のパスワードを入力いsて[OK]ボタンをクリックします。
ドキュメントの暗号化
[パスワードの確認]ウィンドウが表示されますので、再度 同じパスワードを入力します。
パスワードの確認

スポンサーリンク

[アクセス許可]が[この文書を開くには、パスワードが必要です。]となっていれば設定完了です。
この文書を開くには、パスワードが必要です
文書を開こうとすると、パスワードを求められます。
設定したパスワードを入力して[OK]ボタンをクリックします。
パスワードの入力
パスワードを解除する方法です。
[ファイル]タブをクリックして[情報]カテゴリーを表示します。
[文書の保護]をクリックして、[パスワードを使用して暗号化]をクリックします。
パスワードを使用して暗号化
[ドキュメントの暗号化]ウィンドウが表示されますので、パスワードを削除して、[OK]ボタンをクリックします。
ドキュメントの暗号化
[アクセス許可]が下のようになっていれば、解除されています。
パスワード解除
また、Excelでは[ブックの保護]となっています。
Excel
PowerPointでは、[プレゼンテーションの保護]となっています。
PowerPoint
関連ページです。
書き込みパスワードの設定
読み取り専用を推奨
開くとき読み取り専用を推奨する
読み取り専用の設定

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする