おすすめ記事

同じカテゴリー

条件付き書式のコピー



Excel2010に限ったことではありませんが、
条件付き書式は、コピー、貼り付けして使用することができます。

たとえば、下のように[10年度][11年度]の一覧表があります。
500000以上の範囲内の行には色を付けるようにしたいと思います。
2つの表
セルA3からセルB9までを選択して、[ホーム]タブにある[スタイル]グループから
[条件付き書式]をクリックして、[新しいルール]をクリックします。
新しいルール
[数式を使用して、書式設定するセルを決定]をクリックします。
[次の数式を満たす場合に値を書式設定]のテキストボックスに[=$b3>=500000]と入力して、
[書式]ボタンをクリックして、[塗りつぶし]タブから色を選択します。
[OK]ボタンをクリックして閉じていきます。
新しい書式ルール

スポンサーリンク

B列の値が500000以上の場合、範囲内の行に(A列にも)色が付きます。
条件付き書式設定
条件付き書式を設定したセルA3からセルB9までのどのセルでも構いませんので、
1つ選択して、コピーします。
11年度の表、セルD3からセルE9を選択して、[貼り付け]ボタンの▼をクリックして、
[書式設定]をクリックします。
書式設定
書式が貼り付けられますが、数式を編集しなければなりません。
データバーなどの条件付き書式なら、編集する必要はありません。

[ホーム]タブにある[書式のコピー/貼り付け]ボタンをクリックして貼り付けることもできます。
条件付き書式のコピー(blog)

11年度の表、セルD3からセルE9を選択して、条件付き書式の[ルールの管理]をクリックします。
ルールの管理
[条件付き書式ルールの管理]から[ルールの編集]をクリックします。
ルールの編集
[書式ルールの編集]から数式を編集します。
この場合[=$b3>=500000]を[=$E3>=500000]にします。
ルールの数式
10年度も11年度の表も500000以上の範囲内の行に色を付けることができました。
2つの表

関連ページ
条件付き書式
条件付き書式のアイコンセットの区分け

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする