リンクユニット

Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

Print Friendly, PDF & Email

箇条書きの文字を小さくしたくない

投稿日:2017年1月7日 更新日:

いつも箇条書きでレベル下げを行うと、フォントサイズまで小さくなってしまうのだけど、なぜですか?
そういう質問を受けることがあります。
なるほど、そうですね。既定のままだとそうなります。

文字列内にカーソルを置いてインデントを増やすボタンをクリックしたり、[Tab]キーを押すとインデントの設定を行うことができます。

インデントを増やす・減らす

PowerPoint2010では、PowerPoint2007で[レベルを上げる]、[レベルを下げる]の表現だったのが、[インデントを増やす ...

続きを見る

そして、フォントサイズも自動的に小さくなります。
インデントの設定

スライドマスターから設定

フォントサイズはそのままにしてインデントの設定をするには、マスタから設定する必要があります。
おそらく、そのスライドの[レイアウト]を確認すると、[タイトルとコンテンツ]が選択されていると思います。
レイアウト

[表示]タブの[マスター表示]グループから[スライドマスター]をクリックします。
表示タブ

[スライドマスター]が表示されます。
[第2レベル][第3レベル]など、フォントサイズが小さくなっていますね。
スライドマスター

レベルを選択してフォントサイズを指定

ここでフォントサイズを小さくしたくないレベルを選択して、フォントサイズを指定します。
フォントサイズの設定

設定が終わったら、[スライドマスター]タブから[マスター表示を閉じる]をクリックしてスライドマスターを閉じます。
マスター表示を閉じる

下のようにインデントを設定したフォントサイズが揃いました。
箇条書き

次回から、[タイトルとコンテンツ]のレイアウトを選択して、スライドを作成するとインデントの設定をしてもフォントサイズは変わりません。

プレゼンテーション作成時には、いつもこの設定にしたい場合は、スライドマスターで編集したものをテンプレートとして保存して、そのテンプレートを選択して作成するようにすると効率的ですね。

テンプレートの作成

テンプレートとは「ひな形」のことです。既定の設定をカスタマイズして、テンプレートとして保存しておくと、毎回 設定せずに済むので効率的です。繰 ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

パワーポイントを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

コネクタの再接続とは最短距離のポイントに自動的に再接続する機能

図形をコネクタで接続すると、コネクタのショートカットメニューに[コネクタの再接続]というコマンドがあります。これは、[図形間の最短距離にある ...

付箋ソフトはWindows7のアクセサリの中にある

Windows7には[付箋]というアプリが標準で搭載されています。この付箋アプリは、アクセサリの中にありシンプルでとても使いやすいと思います ...

アウトラインからスライド

Wordで作成した文章をそのままPowerPointのスライドに取り込むことができます。新機能ではありません。 アウトラインからスライド [ ...

アクティブセルの行に色を付ける

Excelで横に長い表を操作する場合、[ウィンドウ枠の固定]を使って列を固定して見やすくすることもできますが、それでも似たような数字が並んで ...

クイック操作に[上司に転送]設定

[ホーム]タブに[クイック操作]グループがあります。 新機能ですね。 お決まりの操作があれば、この機能を使うと便利です。 メールを選択して、 ...

-Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.