おすすめ記事

同じカテゴリー

図形はキーを使って



図形はなかなか難しいですね。思うように移動出来なくて困ったということはないですか?
図形の書き方はいろいろあるのですが、一つの方法として紹介します。


まず、グリッド線を表示させましょう。
図形描画ツールバーは表示されていますか?
表示されていなければ、[標準]ツールバーの[図形描画]ボタンをクリックします。
図形描画ボタン
あるいは、メニューバーの[表示]→[ツールバー]→[図形描画]をクリックして表示させてください。
表示メニュー
メニューバーやツールバーで右クリックして選択する方法もあります。
ここを参照してください。


画面の下の方に[図形描画ツールバー]が表示されていると思います。
[図形描画ツールバー]から[図形調整]をクリックして[グリッド線]をクリックします。
グリッド線


グリッド線ダイアログボックスから[描画オブジェクトをグリッド線に合わせる]にチェックを入れます。
[グリッド線を表示する]にチェックを入れて、[文字グリッド線を表示する間隔]と[行グリッド線を表示する間隔]の数値を[1]にします。
グリッド線ダイアログボックス


方眼紙のようになります。グリッド線は印刷されません。
グリッド線の表示

スポンサーリンク

四角形を書いてみます。
図形描画ツールバーの四角形をクリックして描画キャンバスに四角形を描きます。
四角形


正方形を描きたければ、[Shift]キーを押しながらドラッグします。
あるいは、そのままポンと描画キャンバス内でクリックしてください。
楕円もポンとクリックすると正円になります。

[Shift]キーを押しながら、オートシェイプをドラッグすると
四角形は正方形に
楕円は正円に
また、直線は15度単位で描画することができます。
四角形の挿入


また 描画後に移動する場合、
[Shift]キーを押しながらドラッグすると、
水平、垂直方向に移動することができます。

キーボードの方向キー[↑][↓][→][←]を使うと、グリッド線にそって移動させることができます。
また、[Ctrl]キーを押しながら、方向キーを使うとより細かく、グリッド線に沿わずに動かすことができます。

[Alt]キーを押しながら、ドラッグしても微調整ができます。

[Ctrl]キーを押しながらドラッグするとコピーすることができます。

削除する場合は、選択して[Delete]キーを押します。


複数のオートシェイプを選択する場合は 一つ目のオートシェイプを選択後、
[Shift]キーを押しながらクリックします。
複数の四角形の選択


あるいは、図形描画ツールバーの[オブジェクトの選択]ボタンをクリックして、複数の図形を囲みます。
オブジェクトの選択  複数の図形の選択

複数の図形を選択したあと解除したいオートシェイプがある場合は、
[Shift]キーを押したまま再度、そのオートシェイプをクリックします。


グループ化を設定する場合は、図形調整ツールバーの[図形調整]ボタンの[グループ化]をクリックします。
グループ化を設定すると、複数の図形を位置関係を保ったまま移動したり、サイズの変更をしたりすることができます。
グループ化を解除する場合は、同じように[図形調整]の[グループ解除]をクリックします。
グループ化


複数の図形が重なっている場合、背面の図形はマウスでは選択しにくいですね。
選択できるオートシェイプをクリックして[Tab]キーを押し続けると選択できます。
Tabキーを押して選択
オートシェイプ関連
オートシェイプを揃えたい
描画キャンバスを表示しない
ダブルクリックでいくつでも
複製コマンド(PowerPoint)
背景画像の選択
図形に文字を挿入したい

図形描画ツールバーを使っていろいろ設定することができます。
図形描画ツールバーのボタンの名称

[影付きスタイル]の[影の設定]についての詳細は影の設定で解説しています。
[3Dスタイル]の[3Dの設定]についての詳細は3Dの設定で解説しています。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする