おすすめ記事

同じカテゴリー

シートからデータモデルへ追加



Excel2013には、POWERPIVOTというアドインが標準で組み込まれています。
POWERPIVOTタブを表示させよう

このPOWERPIVOTのデータモデルにデータを追加するには、データモデルを表示させてデータをインポートする方法以外に、ワークシートからデータモデルにデータを追加することもできます。

取り込みたいデータ内のセルをアクティブにして、[挿入]タブにある[ピボットテーブル]をクリックします。
通常のピボットテーブルを作成する方法と同じですね。
挿入タブのピボットテーブル
[ピボットテーブルの作成]ダイアログボックスが表示されます。
この下方に[複数のテーブルを分析するかどうかを選択]にある[このデータをデータモデルに追加する]のチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。
ピボットテーブルの作成
しばらくすると、ピボットテーブルがワークシートに追加されます。
ここまででは分からないと思いますが、
ピボットテーブル

スポンサーリンク

[POWERPIVOT]タブをクリックして、[データモデル]グループの[管理]をクリックします。
POWERPIVOTタブ
そうすると、ワークシートのデータが取り込まれています。
データモデル
データモデルに追加しておくと、データの改ざんができなくなるほか、複数のシートを取り込んでダイアグラムビューでリレーションシップを結ぶことができます。
ダイアグラムビュー
より高度な分析が可能となります。
PowerPivotのダイアグラムビュー

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする