おすすめ記事

同じカテゴリー

背景を削除した画像を図として保存するには



Office2010から、画像の背景を削除できる機能があります。背景の削除
この背景を削除した画像を図として保存する方法です。

まず、背景を削除したい画像を挿入して、画像を選択します。[書式]タブの[調整]グループにある[背景の削除]ボタンをクリックします。
背景の削除
背景として認識された部分が赤紫になります。ですが、このままでは残したい部分も削除されてしまいます。
背景として認識
まず、境界線のハンドル(図の白丸内)にマウスを合わせドラッグして、大きさを調整します。
境界線のハンドル

スポンサーリンク

境界線の位置を調整した状態です。削除した領域が残っています。
位置の調整
[設定し直す]グループの[削除する領域としてマーク]ボタンをクリックして、削除したい領域の端から端までドラッグします。
削除する領域としてマーク
思い通りになったら、[変更の保持]ボタンをクリックします。
変更を保持
下のように背景が削除されます。必要であれば、ここでトリミングを行ってください。
背景の削除 結果
この背景を削除した画像を図として保存するには、画像で右クリックして
ショートカットメニューから[図として保存]をクリックします。
ショトカットメニュー 図として保存
[名前を付けて保存]の[ファイルの種類]で[PNG形式(*.png)]を選択して、任意の名前を付けて[保存]ボタンをクリックします。
名前を付けて保存 ファイルの種類
名前を付けて保存で[jpg]や[bmp]で保存すると、背景は削除されませんので注意してください。
拡張子別比較
また、この後PNG画像をJPEGに変換する場合は、ペイントを使用して[名前を付けて保存]から[JPEG画像]を選択して保存するか、
他の変換アプリケーションなどを使用してください。
ただ、ペイントの場合、透明度情報は失われます。
拡張子を[png]から[jpg]に書き換えるだけでも可能ですが、画像の質が落ちる可能性があります。


また、Wordの文書内で画像を合成したように重ねることもできます。
背景を削除した画像を選択して、右クリックのショートカットメニューから[文字列の折り返し]をポイントして
[前面]をクリックします。
文字列の折り返し
背景にしたい画像を挿入して、その画像の上に重ねると、下のように合成したような写真を作成することができます。
ただ、この場合2枚の画像を[図として保存]することはできません。グループ化は描画キャンバスの中でのみ有効となります。
合成
描画キャンバスは、[挿入]タブの[図形]の[新しい描画キャンバス]をクリックします。
挿入タブ 図形
描画キャンバスの中で新たに画像を挿入して作成します。描画キャンバスの中でも、[背景の削除]機能は有効です。
2枚の画像を選択して右クリックのショートカットメニューから[グループ化]→[グループ化]をクリックします。
グループ化
描画キャンバスの中では、[図として保存]メニューは表示されませんので、
グループ化した画像を切り取り、描画キャンバス外に図として貼り付けます。
そして、右クリックのショートカットメニューから[図として保存]をクリックして、PNG形式で保存してください。
図として保存
背景の削除は、Excel、PowerPointにもありますが、
Excelでは、[図として保存]のメニューはありません。

PowerPointでは、[JPEG形式]や[BMP形式]で保存しても設定した状態(背景を削除)のまま、保存することができます。

また、PowerPointでは、[描画キャンバス]はありませんが、複数の画像をグループ化することができます。
グループ化した後、そのまま[図として保存]することができます。

無料写真素材なら【写真AC】
無料イラストなら【イラストAC】

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする