お勧め記事と広告

同じカテゴリー

アクセシビリティチェック



Word、Excel、PowerPointにはファイルのアクセシビリティの問題を検出して解決するためのアクセシビリティチェック機能があります。このアクセシビリティチェックを使用すると、音声読み上げソフトを利用するユーザーにとって、判別しにくい情報が含まれていないかをチェックすることができます。Office 2010以降の機能です。

ここでは、Excel2016で解説します。
[ファイル]タブをクリックして、[情報]カテゴリーにある[問題のチェック]をクリックして、[アクセシビリティチェック]をクリックします。このアクセシビリティのヒントには、"視覚に障碍(しょうがい)のある方にとって読み取りにくい内容がブックに含まれていないかどうかをチェックします。"とあります。
アクセシビリティチェック

アクセシビリティチェックの検査結果がウィンドウ右側の作業ウィンドウに表示されます。このブックの場合は、1つのエラーと2つの警告表示されました。
@代替テキストなし(グラフ)
A明確でないハイパーリンクテキスト
B既定のシート名
検査結果

スポンサーリンク

このエラーを1つずつ解決していきます。
@グラフに代替テキストがないということなので、[グラフエリアの書式設定]を表示して、[サイズとプロパティ]にある[代替テキスト]に下のように入力しました。これでアクセシビリティチェックの@のエラーは消えました。※代替テキストは、タイトルのみでもエラーは非表示になるようです。
代替テキスト

今度はAのエラーを解決します。明確でないハイパーリンクテキストということなので、[ハイパーリンクの編集]ダイアログボックスを開いて、[表示文字列]に[地図]と入力します。これでアクセシビリティチェックの警告は消えました。
ハイパーリンクの編集

Bはシート名が既定のままということを警告されています。シート名を変更すると、警告は消えました。
シート名変更後のアクセシビリティ結果
多くの方に公開するようなファイルは、アクセシビリティも意識したほうがいいですね。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

シェアする