お勧め記事と広告

同じカテゴリー

散布図の作成



互いの相関関係をみるには、相関図を作成しますね。相関図はエクセルのグラフウィザードにある[散布図]を使って作成することができます。下のような表を作成します。
表

セルB2からセルC9まで選択して、標準ツールバーにある[グラフウィザード]ボタンをクリックします。
グラフウィザード

[グラフウィザード-1/4 グラフの種類]で、[散布図]を選択します。
[次へ]をクリックします。
グラフの種類

スポンサーリンク

[グラフウィザード-2/4 グラフの元データ]では[系列]は[列]を選択して[次へ]をクリックします。
グラフの元データ

グラフウィザード-3/4 グラフオプション]では、[タイトルとラベル]タブで、下のようにグラフタイトル、X/数値軸、Y/数値軸を入力します。
タイトルとラベル

[凡例]タブで[凡例を表示する]のチェックボックスをオフにします。
[次へ]をクリックします。
グラフオプション

[グラフウィザード-4/4 グラフの作成場所]で[オブジェクト]を選択して[完了]ボタンをクリックします。
グラフの作成場所

下のような散布図を作成することができました。ここまでは簡単ですね。
でも、ラベルをつけたいですね。これが簡単そうで簡単にはいかないんですよ。

Micrsoftのページにも記載してあります。
 "Microsoft Excel には、散布図のデータ ポイントに自動的にテキスト ラベルを付ける組み込みコマンドはありません。"
散布図のデータ ポイントにラベルを追加するマクロより

マクロに慣れている方なら、これでもいいかもしれませんが・・・・(このマクロ Excel2003ではうまく動作しませんでした。)
散布図

ラベル名が少ない場合は、以下の方法でもいいと思います。グラフ内で右クリックして、ショートカットメニューから[グラフのオプション]をクリックします。
グラフのオプション

[データラベル]タブの[Xの値]にチェックして[OK]ボタンをクリックします。
グラフオプション

一つのラベルを選択します。
ラベルの選択

数式バーに下のように入力します。=の後にラベルにつけたい名前を選択して[Enter]キーを押します。
数式バー

ラベル名を変更することができました。
ラベル名の変更

ただし、これは一つ一つ行っていくしかありません。今回のようにラベルが少ない場合はいいのですが、数が多くなるとこれも大変ですね。

フリーのアドインがありますので、アドインとして取り込んでおくと便利です。Excelラベル設定アドイン(Excel2003、Excel2007で動作確認済み)
散布図

散布図の目盛線を非表示にしたい場合は、グラフ内で右クリックしてショートカットメニューから[グラフのオプション]をクリックします。
グラフのオプション

[目盛線]タブから、Y/数値軸の目盛線のチェックボックスをオフにします。
グラフオプション

プロットエリアの色も変更すると、下のようになります。
プロットエリアの色を変更

また、散布図のグラフに項目名が表示できない:トラブル解決DB Excelで紹介されている方法で、ラベルを追加することもできます。
しかし、この値を斜めに配置した表に作り変える方法は、Excel2003ではできますが、Excel2007には不向きです。
グラフ関連は、
[キーひとつでグラフ作成][グラフの作成]、[グラフの書式設定]、[グラフツールバーから]、
[こんなグラフを作りたい]、[色について]、[グラフメニューから]があります。
グラフにデータのない日付を表示させないもアップしています。

※Excel2013以降では標準機能で散布図にラベルを表示できるようになっています。
散布図にデータラベル表示が可能
Excel2016では、おすすめグラフを使って解説しています。散布図のラベル表示

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

シェアする