Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Office2010

図形に合わせてトリミング

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2010では、写真や画像を図形に合わせてトリミングすることができます。

挿入した画像を選択して、[書式]タブの[サイズ]グループにある[トリミング]から[図形に合わせてトリミング]をポイントして、「ハート」や「雲」の図形をクリックすると、その図形の形で切り抜くことができます。

トリミング

図形に合わせてトリミング

ここでは、Excel2010で解説です。WordやPowerPointなども同じ操作です。

画像の挿入

[挿入]タブの[図]から画像を挿入します。

[挿入]タブの[図]

図形を選択

その画像を選択したまま、[図ツール]の[書式]タブの右端にある[トリミング]から[図形に合わせてトリミング]をポイントします。

図形に合わせてトリミング

さまざまな図形が表示されますので、トリミングしたい図形を選択してクリックします。

この機能は、[図のスタイル]や[アート効果]のようにリアルタイムプレビュー(確定する前にマウスでポイントするだけで確認できる機能)はできません。

次期バージョンでは出来るようになるといいですね。

Office2013、Office2016もリアルタイムプレビューはできません。

参考一覧の選択肢をポイントして、設定後の結果を確認できる機能を「リアルタイムプレビュー」といいます。設定前に確認できるため、繰り返し設定しなおす手間を省くことができます。

リアルタイムプレビューの無効化

Office2007からリアルタイムプレビューという機能がありますが、古いパソコンなどでは動作が重くなるようです。 リアルタイムプレビューは ...

続きを見る

Office2007の場合は、少し操作が違いますので写真をハート型にをご参照ください。また、Office2003で写真をハート型にする方法も解説しています。

注意この[図形に合わせてトリミング]は、非常に便利な機能ですが、Wordでは操作ができない場合がありますので気をつけてください。

トリミングのメニューが表示されない

トリミング時の注意

トリミングをする際、注意してほしいことがあります。

トリミングした画像は、[図の圧縮]機能を利用して図のトリミング部分を削除しないと、リセット操作でトリミングする前の画像を表示することができてしまいます。

なので、内容によっては注意してください。

以下の「トリミング後の画像は圧縮して保存したほうがいい」で解説しています。

画像のトリミング部分は削除して保存したほうがいい

Office2013だけではないのですが、画像のトリミングをした後は、その画像を圧縮してトリミング部分を削除して保存することをお勧めします。 ...

続きを見る

参考「図形でトリミング」では、PowerPoint2016を使って解説しています。

画像の加工方法等も解説しています。

図形でトリミング

Office2007から 挿入した画像を図形の形でトリミングができるようになっています。 WordやExcelでも同じ操作ですが、ここではP ...

続きを見る

長方形の画像を真円にする方法は、以下の記事で解説しています。

Wordで解説しています。

長方形の画像を丸くするには

Wordで長方形の画像を挿入した後、その画像をまん丸く(真円)にする方法です。 Word2016で解説していますが、Word2010以降であ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Office2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.