リンクユニット

Windows7 & Office2010 Office2010

【プロパティ】ダイアログボックスの表示

投稿日:2017年1月7日 更新日:

詳細プロパティを表示する方法です。

Backstageビューの[情報]カテゴリー

[ファイル]タブの[情報]をクリックします。
[プロパティ]から[詳細プロパティ]をクリックします。
Backstageビュー

[プロパティ]ダイアログボックス

[詳細]プロパティが表示されます。[ファイルの情報]、[ファイルの概要]、[ファイルの構成]、[ユーザー設定]タブがあります。
[ファイルの概要]タブで作成者の変更等を行うことができます。
プロパティ

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

PowerPivotタブが消えた

Excel2010でPowerPivotアドインを追加して[PowerPivot]タブが表表示されていたのに、いつの間にか[PowerPiv ...

コンテンツコントロールとフォームコントロール

Word2010で[開発]タブの[コントロール]グループにある[コンテンツコントロール]を使って、作成した文書を[Word97-2003]の ...

no image
Windows Aero

Aeroを有効にしておくと、複数のウィンドウを動的に表示して楽しむことができます。 まず、複数のウィンドウを開いておきます。 [Window ...

ペイントのトリミング

Windows7では、アクセサリーの中にあるペイントでトリミングが簡単に行えるようになりました。 これは嬉しいですね。 参考Windows ...

リボン登場

Outlook2010は、リボンインターフェースです。 (タイトルバーがピンク色なのは、Windows7の個人設定によるものです。) Off ...

-Windows7 & Office2010 Office2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.