Google検索

Windows7 & Office2010 Office2010

【プロパティ】ダイアログボックスの表示

投稿日:2017年1月7日 更新日:

詳細プロパティを表示する方法です。

ここでは、Excelで解説しますが、他のアプリケーションも同じです。

Backstageビューの[情報]カテゴリー

[ファイル]タブをクリックしてBackstageビューを開きます。そして、[情報]タブをクリックします。

[プロパティ]から[詳細プロパティ]をクリックします。

Backstageビュー

[プロパティ]ダイアログボックス

[詳細プロパティ]が表示されます。

[ファイルの情報]、[ファイルの概要]、[詳細情報]、[ファイルの構成]、[ユーザー設定]タブがあります。

[ファイルの概要]タブで作成者の変更等を行うことができます。

プロパティダイアログボックス

参考[ファイルの概要]タブの下方にある[すべてのExcelドキュメントの縮小版を保存する]のチェックボックスをオンにすると、フォルダー内のアイコンを縮小版表示にできます。

縮小版(サムネイル)表示にしてファイルを開かずに内容を確認

ファイルを選択して開くときに、アイコンにファイルの内容が表示されていれば、ファイルを間違えて開くことも少なくなると思います。 Word201 ...

続きを見る

ドキュメントパネルを表示

同じプロパティでも、[プロパティ]から[ドキュメントパネルを表示]を選択すると、ブック上部に下のように表示されます。

ドキュメントパネルのほうがシンプルです。

[プロパティ]ダイアログボックスの方が見慣れた感じがしますね。

ドキュメントパネルを表示

ドキュメントパネルの[プロパティのビューとオプション]ボタンをクリックして、[詳細プロパティ]をクリックして[詳細プロパティ]([プロパティ]ダイアログボックス)を表示することもできます。

[プロパティのビューとオプション]ボタン

ドキュメントパネルを閉じるときは、右側にある[ドキュメント情報パネルを閉じる]ボタンをクリックします。

[ドキュメント情報パネルを閉じる]ボタン

個人情報の削除

プロパティに入力されている個人情報は、ドキュメントの検査でチェックすることができます。

ドキュメント検査

Office2010には、非表示のデータや個人情報などを自動的にチェックして削除してくれる機能があります。 Office2007からの機能で ...

続きを見る

個人情報や隠し情報のチェックは【ドキュメント検査】で

Office2013にも、非表示のデータや個人情報などを自動的にチェックして削除してくれる機能があります。Excelであれば、非表示の行や列 ...

続きを見る

Windowsの機能にもあります。

ファイルのプロパティ情報を削除する

ファイルのプロパティの情報を削除する方法がWindows 7から、ちょっと便利になっています。 プロパティの表示 ファイルを右クリックして、 ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Office2010

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.