Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Office2010

ドキュメント検査

投稿日:2017年1月24日 更新日:

Office2010には、非表示のデータや個人情報などを自動的にチェックして削除してくれる機能があります。

Office2007からの機能です。

Office ドキュメントから非表示のデータおよび個人情報を削除する - Excel - Office.com

ドキュメントを検査して非表示のデータと個人情報を削除する - Word - Office.com

ドキュメント検査

[ファイル]タブの[情報]をクリックします。

[問題のチェック]から[ドキュメント検査]をクリックします。

BackStageビュー

ファイルを保存する前に実行すると、下のメッセージウィンドウが表示されます。

このファイルの変更内容が保存されていません。

ドキュメント検査で削除されたデータは復元できない可能性もあるため、ドキュメント検査を使用する前にこのファイルを保存してください。

今すぐこのファイルを保存しますか?

[はい]ボタンをクリックして保存してください。

メッセージウィンドウ

[ドキュメント検査]が表示されます。

ここでは、既定のまま[検査]ボタンをクリックします。

ドキュメント検査

検査の結果が表示されます。

[すべて削除]ボタンをクリックすると、削除することができます。

ウィンドウ下方にも書かれていますが、[いくつかの変更は元に戻せません]とのことなので注意してください。

すべて削除

[すべて削除]ボタンをクリックすると、情報が削除されて再び検査結果が表示されます。

ドキュメント検査

参考PowerPointのドキュメント検査では、プレゼンテーションの全てのスライドのノートの内容を削除することができます。

PowerPointのノート(発表者用メモ)をドキュメント検査で全て削除

PowerPointのスライドには、発表者用のメモを入力する領域があります。 ノートと呼ばれる領域です。 活用している方も多いと思います。 ...

続きを見る

ドキュメント検査実行前と後

ドキュメント検査で情報を削除する前の[プロパティ]です。

作成者は[hama]となっています。

プロパティ

ドキュメント検査で情報を削除した後のプロパティです。

作成者情報が消えています。

プロパティ 作成者

個人情報を削除した後に再度、情報を入力したいとき

個人情報を削除した後、再度、作成者などを入力したい場合は、BackStageビューの[情報]-[共有準備]にある[これらの情報をファイルに保存できるようにする]をクリックして保存してください。

そうしないと、入力はできても保存されませんので注意してください。

ドキュメント検査で情報削除後の再入力について(ブログでも解説しています)

これらの情報をファイルに保存できるようにする

Windowsの機能を使って入力

または、Windowsの機能を使います。

ファイルを開かずにアイコンで右クリックして、ショートカットメニューの[プロパティ]をクリックします。

右クリックのショートカットメニュー

[詳細]タブから情報を入力して、[OK]ボタンをクリックします。

詳細タブ

関連以下のページも参考になると思います。

ファイルのプロパティ情報を削除する

ファイルのプロパティの情報を削除する方法がWindows 7から、ちょっと便利になっています。 プロパティの表示 ファイルを右クリックして、 ...

続きを見る

Office2013でも解説しています。

個人情報のチェックはドキュメント検査で

Office2013にも、非表示のデータや個人情報などを自動的にチェックして削除してくれる機能があります。 ドキュメント検査 [ファイル]タ ...

続きを見る

Accessでの個人情報を削除する方法は以下の記事で解説しています。

データベースのプロパティから個人情報を削除

Accessのプロパティには、作成者、管理者、会社名などの個人情報を入力して登録しておくことができます。 [プロパティ]は一般に[属性]と呼 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Office2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.