Windows7 & Office2010 Office2010

Print Friendly

ドキュメント検査

投稿日:

Office2010には、非表示のデータや個人情報などを自動的にチェックして削除してくれる機能があります。Office2007からの機能です。
Office ドキュメントから非表示のデータおよび個人情報を削除する - Excel - Office.com
ドキュメントを検査して非表示のデータと個人情報を削除する - Word - Office.com

ドキュメント検査

[ファイル]タブの[情報]をクリックします。[問題のチェック]から[ドキュメント検査]をクリックします。
BackStageビュー

ファイルを保存する前に実行すると、下のメッセージウィンドウが表示されます。
[このファイルの変更内容が保存されていません。ドキュメント検査で削除されたデータは復元できない可能性もあるため、ドキュメント検査を使用する前にこのファイルを保存してください。今すぐこのファイルを保存しますか?] [はい]ボタンをクリックして保存してください。
メッセージウィンドウ

[ドキュメント検査]が表示されます。[検査]ボタンをクリックします。
ドキュメント検査

検査の結果が表示されます。[すべて削除]ボタンをクリックすると、削除することができます。ウィンドウ下方にも書かれていますが、[いくつかの変更は元に戻せません]とのことなので注意してください。
すべて削除

スポンサーリンク
[すべて削除]ボタンをクリックすると、情報が削除されて再び検査結果が表示されます。
ドキュメント検査

ドキュメント検査実行前と後

ドキュメント検査で情報を削除する前の[プロパティ]です。作成者は[hama]となっています。
プロパティ

ドキュメント検査で情報を削除した後のプロパティです。作成者情報が消えています。
プロパティ 作成者

個人情報を削除した後に再度、情報を入力したいとき

個人情報を削除した後、再度、作成者などを入力したい場合は、BackStageビューの[情報]-[共有準備]にある[これらの情報をファイルに保存できるようにする]をクリックして保存してください。
そうしないと、入力はできても保存されませんので注意してください。
ドキュメント検査で情報削除後の再入力について(ブログでも解説しています)
これらの情報をファイルに保存できるようにする

Windowsの機能を使って入力

または、Windowの機能を使います。
ファイルを開かずにアイコンで右クリックして、ショートカットメニューの[プロパティ]をクリックします。
右クリックのショートカットメニュー

[詳細]タブから情報を入力して、[OK]ボタンをクリックします。
詳細タブ

関連ページです。
ファイルのプロパティ情報を削除する

お勧め記事と広告

関連記事

フィルターの文字検索

データ内のセルをクリックして、[データ]タブにある[並べ替えとフィルター]グループの[フィルター]をクリック。文字検索ボックスがあります。 ...

テンプレートの作成

テンプレートとは「ひな形」のことです。既定の設定をカスタマイズして、テンプレートとして保存しておくと、毎回 設定せずに済むので効率的です。繰 ...

目次の作成(見出しスタイルを設定)

Wordの目次作成機能を使って目次を作成しておくと、後の編集がとても楽になります。 できるだけ、分かりやすく解説しましたので参考にしてくださ ...

テーマの色を変更する

Office2007から図形を挿入すると、塗りつぶしの色が青色で馴染めない方も多いようです。 これは、テーマによって設定されたものです。 W ...

アクションクエリ実行時の確認メッセージを非表示にする

以下のメッセージウィンドウは、追加クエリを実行したときに表示されるメッセージです。 アクションクエリを実行すると、必ずメッセージウィンドウが ...

-Windows7 & Office2010 Office2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.