Windows7 & Office2010 Excel2010

Print Friendly

ピボットの元データにはテーブルを適用すると便利

投稿日:2017年1月9日 更新日:

ピボットテーブルを作成した後、ピボットの元データの範囲が変わると、その度に[オプション]タブの[データソースの変更]をクリックしてダイアログボックスで
参照範囲を変更しなければなりません。

これって結構、面倒です。
データソースの変更

そこで、ピボットの元データにテーブル機能を適用すると便利になります。

ピボットテーブルの元データにテーブルを適用

元データになるデータ内でクリックして、[挿入]タブの[テーブル]グループにある[テーブル]をクリックします。
挿入タブ テーブル

テーブル範囲を確認して[OK]ボタンをクリックします。
[先頭行をテーブルの見出しとして使用する]のチェックボックスはオンのままにしておきます。
テーブルの作成

これでテーブル機能が設定できました。
テーブル作成

スポンサーリンク

テーブルは[デザイン]タブでスタイルを変更することができます。
ここでは、[テーブルスタイル(中間)7]を設定しています。
テーブルツール デザイン

作成したテーブルを元にピボットテーブルを作成

このテーブルを元にピボットテーブルを作成します。[挿入]タブの[ピボットテーブル]ボタンでもいいですし、
ピボットテーブル

[デザイン]タブにある[ツール]グループの[ピボットテーブルで集計]をクリックしてもいいです。
ピボットテーブルで集計

[ピボットテーブルの作成]ダイアログボックスが表示されますので、ピボットテーブルを配置する場所を指定して、[OK]ボタンをクリックします。
ピボットテーブルの作成

ピボットテーブルのフィールドリストには、下のようにテーブルの一行目の項目が表示されます。
フィールドリスト

テーブルにフィールドを追加

元テーブルに[販売月]フィールドを追加してみます。
[オプション]タブにある[更新]ボタンをクリックすると、
更新ボタン

これだけで、追加データがピボットテーブルに反映されます。

もちろん、最終行の下の行にデータを追加した場合も同じです。
[更新]ボタンをクリックするだけで、ピボットテーブルの範囲が自動的に拡張されます。
フィールドリスト

お勧め記事と広告

関連記事

自動学習した単語を辞書から削除する

Microsoft IMEには、学習機能がありますが、間違って入力した単語を学習してしまうこともあります。 間違って学習した単語を削除する方 ...

リストの参照範囲の設定

[データの入力規則]の設定で、[元の値]を参照する場合、別シートの範囲も設定できるようになりました。 Excel2007までは、別シートの範 ...

アウトラインからスライド

Wordで作成した文章をそのままPowerPointのスライドに取り込むことができます。新機能ではありません。 アウトラインからスライド [ ...

アニメーションのコピーと貼り付け

PowerPoint2010から、アニメーションのコピー、貼り付けが出来るようになりました。 アニメーションを設定したオブジェクトを選択して ...

ACCDEファイルの作成

ACCDE形式で保存すると、フォームやレポートを作成したり、変更できなくなります。 [ファイル]タブの[保存して発行]から[データベースに名 ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.