おすすめ記事

同じカテゴリー

フラッシュフィル



Excel2013の新機能です。文字列などの編集を自動で行ってくれる機能です。

これまで、関数を使って文字列を結合したり、抜き出したりしていたことが、ボタン1つで可能になりました。
いくつか方法があるようです。以下は、試した結果です。

@E列にB列、C列、D列のセルの値を接合したい場合、セルE2に結合した値を入力します。
セルに入力

スポンサーリンク

確定した後、セルE2を選択した状態で[データ]タブの[データツール]グループにある[フラッシュフィル]をクリックします。

フラッシュフィルのポップヒントには以下のように記されています。
[値を自動的に埋め込みます。結果として使いたいサンプルをいくつか入力したら、値を埋め込みたい列のセルをアクティブにした状態にしておきます。]
データタブ
クリックしただけで、一瞬で隣のD列の最終行まで表示されます。ビックリです!!
結果
入力後には[フラッシュフィルオプション]ボタンが現れます。[フラッシュフィルオプション]をクリックした状態です。
ここで、元に戻したり、確定したりすることができます。
フラッシュフィルオプション
面白くて、いろいろやっていたら、下のようなメッセージが表示されるようになりました。何が原因なのかはわかりません。
メッセージウィンドウ
AセルE2とセルE3に入力したあと、フィルハンドルをダブルクリックすると、
フィルハンドルをダブルクリック
[オートフィルオプション]ボタンが表示されます。クリックして[フラッシュフィル]をクリックします。
フラッシュフィル
@と同じようにB列、C列、D列の結合された値が表示されました。
結果
B郵便番号を[-]なしの番号にすることもできるのかしらと、セルE2にセルA2の郵便番号から数字のみを入力しました。
セルE3に先頭の1文字[8]を入力した時点で、下のように最後のセルまでプレビューが表示されました。
数字の入力
[Enter]キーを押すと確定されました。
結果
[フラッシュフィル]は[ホーム]タブの[編集]グループの[フィル]ボタンのメニューの中にもあります。
ホームタブ
また、[ファイル]タブの[Excelのオプション]にある[詳細設定]に[フラッシュフィルを自動的に行う]という項目があります。
これがオンになっていないと実行できません。
Excelのオプション

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする