おすすめ記事

同じカテゴリー

ペイントでサイズ変更



Windows10のペイントを使って、写真のサイズを小さくする方法です。
まず、検索ボックスを使ってペイントを起動します。
タスクバーの[WebとWindowsを検索]と表示されたボックスに[ペイント]と入力します。[ぺ]と一文字入力しただけで、[ペイント]がスタートメニューに表示されるかもしれません。
※タスクバーに検索ボックスが見当たらない場合は、非表示になっているのかもしれません。
検索ボックスを非表示にするにはを参照されてください。
検索ボックス

下のように[ペイント]が表示されたら、[ペイント]をクリックします。
検索ボックスに入力

ペイントを起動したら、[表示]タブをクリックして、[ステータスバー]のチェックボックスがオンになっているか確認します。
表示タブ

スポンサーリンク


次にサイズを小さくしたい目的の写真を開きます。
[ファイル]タブから[開く]をクリックします。そして、サイズを小さくしたい写真を選択してダブルクリックします。
開くボタン

写真を表示することができたら、ウィンドウの下部にあるステータスバーを確認します。
右側のサイズがファイルの保存サイズです。[サイズ:44.8KB]
左側のサイズが縦横の大きさです。[618×824]
写真サイズ

両方のサイズが小さくする方法です。[ホーム]タブの[サイズ変更]をクリックします。
サイズ変更ボタン

[サイズ変更と傾斜]ダイアログボックスが表示されます。下のようになっていると思います。
サイズ変更と傾斜ダイアログボックス

[水平方法]と[垂直方向]の数値を入力します。[縦横比を維持する]のチェックボックスがオンになっていれば、[水平方向]の数値だけ変更すると、[垂直方向]の数値は自動的に変更されると思います。
ここでは、[50]にします。[OK]ボタンをクリックします。
サイズ変更と傾斜]ダイアログボックスで設定

再び、ステータスバーを見ると、縦横のサイズが変わったことを確認できると思います。
ただ、ファイルサイズは変わっていませんね。このサイズは、写真を保存した場合に更新されます。
ステータスバー

写真に名前をつけて保存します。[ファイル]タブから[名前を付けて保存]を選択して、[IPEG画像]をクリックします。
名前を付けて保存

新しい名前を付けて、任意の場所へ保存します。
名前を付けて保存ダイアログボックス

保存サイズは、実は写真をポイントするだけで確認することができます。保存した写真でポイント(マウスを写真にあてる)すると、ポップヒントが表示されます。その中に[サイズ]が表示されています。保存した写真のサイズは[29.0KB]になっています。
サイズの確認

こちらのページもぜひ参考にされてください。ペイント関連のページです。
モザイク(ぼかし)をかけるならペイントで
画像を重ねて加工
ペイントの起動画面とボタンの役割
ペイントでトリミング
ペイントで画像を丸くする
ペイントで同じ大きさの画像に揃える

無料写真素材なら【写真AC】
無料イラストなら【イラストAC】

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする