おすすめ記事

同じカテゴリー

ピボットグラフ



ピボットテーブルをもとにグラフを作成することができます。
ピボットテーブル内をクリックします。[ピボットテーブル]ツールバーの[グラフウィザード]をクリックします。
ピボットテーブルツールバーのグラフウィザード
下のようなグラフが表示されました。
既定では新しいシートにグラフが作成されます。
これはメニュバーの[グラフ]→[場所]から、オブジェクトに変更することができます。
Blogのグラフはどこへ挿入したい?を参照してください。
ピボットグラフ
ピボットグラフを作成すると、↑のようにフィールドボタンが表示されています。
これは、設定によって非表示にすることができます。
[ピボットテーブル]ツールバーの[ピボットグラフ]から[ピボットグラフのフィールドボタンを表示しない]を選択します。
ピボットテーブルツールバー
下のように全てのフィールドボタンが非表示になります。
フィールドボタンの非表示


商品別の売上高のグラフを表示したいので、[日付]フィールドをピボットグラフの外へドラッグします。ドラッグの途中で赤いXボタンが表示されます。
[商品]フィールドを項目軸へドラッグします。
ピボットグラフの外へドラッグ
目的のグラフに変更できました。
ピボットグラフ完成
ピボットグラフもピボットテーブルと同じように表示する項目を簡単にドラッグで変更できます。
グラフで変更すると、自動的にテーブルも変更されます。テーブルでの変更もグラフに反映されます。
グラフの種類も変更できますが、散布図、株価チャート、バブルチャートを作成することはできません。

グラフツールバーの使い方は、グラフツールバーからを参考にしてくださいね。

ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成するには、リストを選択してメニューバーの[データ]→[ピボットテーブルとピボットグラフレポート]をクリック。
[ピボットテーブル/ピボットグラフウィザード-1/3]ダイアログボックスから、[ピボットグラフレポート(ピボットテーブルレポート付き)]をクリックします。
ピボットテーブル/ピボットグラフウィザード1/3

スポンサーリンク

Excel2007では、ピボットグラフの系列の色を指定できるようになっています。
ピボットグラフの系列の色の指定を参照してください。

関連ページ
ピボットグラフの作成
ピボットグラフの編集

ピボットで合計値を横に並べたい

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする