Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Excel2010

Excelの起動が遅い時の対処法

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelの起動が遅い原因は、いろいろあると思いますが、一つの解決方法として紹介します。

Excel2010での解説ですが、他のバージョンでも同じように操作することができます。

自動回復用ファイルの場所

[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。

ファイルタブ

[Excelのオプション]が表示されるので、[保存]カテゴリーをクリックします。

[自動回復用ファイルの場所]にあるパスを選択してコピーします。

※既定の場合です。

この保存場所を変更されている場合は以下のパスを参考にしてください。

C:\Users\アカウント名\AppData\Roaming\Microsoft\Excel

私の場合、Dドライブとなっていますが、通常はCドライブです。

Excelのオプション

全てのブックを閉じて、Excelを終了します。

エクスプローラーまたはIEのアドレスバーにパスを貼り付けて、移動ボタンをクリックします。

あるいは、[Enter]キーを押します。

パスの貼り付け

フォルダーを表示

フォルダーが開きます。

既定では下の2個ですが、他のファイルも保存されている場合があります。

この2つをリネームします。

フォルダの表示

注意私の環境では削除しても自動生成されましたが、環境にもよりますのでリネーム(名前の変更)されることをお勧めします。

正常に動作することを確認した後、リネームしたファイルは削除して構いません。

これでExcelの起動は早くなると思います。

[XLSTART]と[Excel14.xlb]は、Excelを起動したときに自動生成されます。

[Excel14.xlb]はバージョンによって数字が違います。

[Excel14.xlb]は、削除後 Excelを起動して閉じるとフォルダ内に現れます。

XLSTARTフォルダーは、起動時にフォルダー内のブックを読み込みます。

Excel14.xlbには、ツールバーやメニューバーの情報が格納されています。

参考以下の記事でも、同じ方法で解決しています。

ブックを閉じても使用中となる

Windows7とExcel2010の環境で、PowerPivotを頻繁に使用するようになってからだと思うのですが、 Excelのブックを終 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.