Windows7 & Office2010 Excel2010

Excelの起動が遅い時の対処法

投稿日:

Excelの起動が遅い原因は、いろいろあると思いますが、一つの解決方法として紹介します。Excel2010での解説ですが、他のバージョンでも同じように操作することができます。
[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。
ファイルタブ

[Excelのオプション]が表示されるので、[保存]カテゴリーをクリックします。[自動回復用ファイルの場所]にあるパスを選択してコピーします。
※既定の場合です。この保存場所を変更されている場合は以下のパスを参考にしてください。
C:\Users\アカウント名\AppData\Roaming\Microsoft\Excel
私の場合、Dドライブとなっていますが、通常はCドライブです。
Excelのオプション

全てのブックを閉じて、Excelを終了します。

エクスプローラーまたはIEのアドレスバーにパスを貼り付けて、移動ボタンをクリックします。あるいは、Enterキーを押します。
パスの貼り付け

スポンサーリンク

フォルダが開きます。既定では下の2個ですが、他のファイルも保存されているとおもいます。
フォルダの表示

フォルダ内のファイルをすべて削除して空にします。
ファイルの削除

これでExcelの起動は早くなると思います。
[XLSTART]と[Excel14.xlb]は、Excelを起動したときに自動生成されます。

[Excel14.xlb]はバージョンによって数字が違います。
[Excel14.xlb]は、削除後 Excelを起動して閉じるとフォルダ内に現れます。

XLSTARTフォルダは、起動時にフォルダ内のブックを読み込みます。
Excel14.xlbには、ツールバーやメニューバーの情報が格納されています。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

関連記事

カレンダーウィザード

Word2003のときには、[標準のテンプレート]の中にあって インターネットに接続しなくてもいつでも カレンダーを作成できていたのですが、 ...

ファイルのプロパティ情報を削除する

ファイルのプロパティの情報を削除する方法がWindows7から、ちょっと便利になってます。 ファイルを右クリックして、ショートカットメニュー ...

デスクトップアイコン名の影を消す

デスクトップのアイコン名に影がついていると、見づらいと感じる方は多いようです。 下の画像は、デスクトップアイコン名に影がついている状態です。 ...

リボン登場

Outlook2010は、リボンインターフェースです。 タイトルバーがピンク色なのは、Windows7の個人設定によるものです。 Offic ...

オブジェクトの選択ボタンのドラッグ操作は描画キャンバス内で有効

Word2010では、オブジェクトの選択ボタンで図形を囲むようにドラッグしても、これまでのように複数の図形を一気に選択することができません。 ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.