Google検索

Windows7 & Office2010 Access2010

追加クエリの作成と追加先テーブルの変更

投稿日:2017年1月7日 更新日:

1つのテーブルに別のテーブルのレコードを追加する方法です。

3個テーブルがあって、各テーブルのフィールド名は同じです。

ここでは例として、テーブル[T_B2010]のすべてのレコードをテーブル[T_A2010]に追加します。

テーブルの確認

以下はテーブルのデザインビューです。3個のテーブルとも同じで以下のようになっています。

[ID]フィールドは[オートナンバー型]です。

テーブルのデザインビュー

クエリデザインの表示

[作成]タブから[クエリデザイン]をクリックします。

[テーブルの表示]から[T_B2010]を選択して、[追加]ボタンをクリックします。

クエリデザイン

テーブル[T_B2010]のすべてのフィールドをデザイングリッドに表示します。

デザイングリッドにフィールドを追加

追加クエリの作成

[デザイン]タブの[クエリの種類]から[追加]をクリックします。

[追加]ダイアログボックスのテーブル名の▼ボタンをクリックします。

[デザイン]タブの[追加]ボタン

追加先テーブルに[T_A2010]を選択します。

[OK]ボタンをクリックします。

[追加]ダイアログボックス

下のように[レコードの追加]行が挿入されます。

同じフィールドの場合は、自動的にフィールドが追加されますが、ここでは、追加先テーブルの[ID]が[オートナンバー型]なので削除します。

注意[オートナンバー型]の場合は、必ず削除してください。IDがなくても、[オートナンバー型]なので、次のレコードの番号が自動的に振られます。

[ID]フィールドを削除

[ID]フィールドを削除後、以下のようになります。

[ID]フィールド削除後のデザインビュー

参考デザイングリッドの[抽出条件]に条件を追加すると、その条件に合うレコードのみを追加できます。

クエリの実行

デザインビューのまま[結果]グループにある[実行]ボタンをクリックします。

[デザイン]タブの[実行]ボタン

下のようなメッセージウィンドウが表示されますので、[はい]ボタンをクリックします。

メッセージウィンドウ

参考追加クエリを実行するときにエラーメッセージが表示されるようであれば、以下の記事を参考にしてみてください。

追加クエリを実行するときによくあるエラー - Access(Microsoft)

クエリの保存

クエリに名前を付けて保存します。

名前を付けて保存

ナビゲーションウィンドウには、以下のように表示されます。

ナビゲーションウィンドウの[追加クエリ]

参考コマンドボタンをクリックして、追加クエリを実行するための設定については、以下の記事で解説しています。

作成したクエリをコマンドボタンに登録して実行する

Accessでクエリを作成した後、コマンドボタンをクリックしてクエリを実行するための方法です。 コマンドボタンウィザードを使用する方法と、マ ...

続きを見る

追加クエリの追加先を変更

追加クエリを作成した後で、追加先テーブルを変更する場合は、クエリのプロパティから変更することができます。

例えば、追加先テーブル[T_A2010]をテーブル[T_C2010]へ変更する場合の方法です。

作成済みの[追加クエリ]をデザインビューで開きます。

クエリプロパティの表示

キーボードから[F4]キーを押すなどして、プロパティシートを表示します。

そして、クエリの何もない箇所でダブルクリックします。

そうすると、クエリプロパティが表示されます。プロパティシートの[選択の種類]が[クエリプロパティ]になっていることを確認します。

クエリプロパティの表示

クエリプロパティの[追加新規テーブル]で変更

クエリプロパティの[追加新規テーブル]は以下のようになっています。

▼ボタンをクリックします。

クエリプロパティの[追加新規テーブル]

そして、テーブル[T_C2010]を選択します。

追加クエリを保存します。

クエリプロパティの[追加新規テーブル]でテーブルを選択

保存した追加クエリを実行すると、以下のメッセージウィンドウが表示されます。

追加クエリを実行すると、テーブルのデータが変更されます。

[はい]をクリックします。

メッセージウィンドウ

今度は以下のメッセージが表示されますので、[はい]をクリックします。

テーブル[T_C2010]を開くと、テーブル[T_B2010]の40件のレコードが追加されています。

メッセージウィンドウ

参考アクションクエリ実行時の確認メッセージは、非表示にすることができます。

アクションクエリ実行時の確認メッセージを非表示にする

以下のメッセージウィンドウは、追加クエリを実行したときに表示されるメッセージです。このメッセージを非表示にする方法です。 場合によっては、確 ...

続きを見る

追加クエリ実行時のエラー

追加クエリを実行すると、時々、以下の[追加クエリですべてのレコードを追加できません。]というメッセージが表示されることがあります。(画像はAccess2019)

追加クエリですべてのレコードを追加できません。

型変換エラーのため、0個のフィールドをNullに設定しました。0件のレコードでキー違反、0件のレコードでロック違反、1件のレコードで入力規則違反が発生したため、レコードを追加できませんでした。

[追加クエリですべてのレコードを追加できません。]メッセージ

上記メッセージの[ヘルプ]ボタンをクリックすると、Microsoftの以下のページが表示されると思います。

追加クエリを実行するときによくあるエラー - Access(Microsoft)

私が経験した時のエラーは、追加元のテーブルでは[空文字列の許可]が[はい]になっていたのに、追加先テーブルでは[空文字列の許可]が[いいえ]になっていたのが原因でした。(画像はAccess2019で、あくまでサンプルです。実際のものではありません。)

エラーメッセージが表示されたら、2つのテーブルをデザインビューで開いて、プロパティで異なる箇所がないか確認してみてください。

テーブルのデザインビュー

関連2つのテーブルの差分を追加する追加クエリについては、以下の記事で解説しています。

差分を追加(追加クエリ)

Accessで2つのテーブルの不一致レコードを抽出した後、その差分レコードをテーブルへ追加する方法です。 参考ここでは[ドキュメントウィンド ...

続きを見る

以下は、アクションクエリについての関連記事です。

レコード削除時の確認メッセージを非表示にする

Accessでレコードを削除しようとすると、毎回、確認メッセージが表示されます。 ○件のレコードを削除します。 [はい]をクリックすると、削 ...

続きを見る

変更履歴テーブルの作成

追加クエリを使用して、テーブルに変更履歴を残す方法です。 参考ここでは、ウィンドウの表示は[ウィンドウを重ねて表示する]の設定にしています。 ...

続きを見る

グループ化で重複レコードを削除したテーブルを作成

Access2013で、1つのテーブルで重複したレコードを削除してマスターテーブルを作成する方法です。 テーブルの確認 以下のようなテーブル ...

続きを見る

以下の記事ではアクションクエリについてもまとめています。

削除クエリを使ってすべてのレコードを削除するには

Accessでテーブルのすべてのレコードを削除するには、すべてのレコードを選択して削除する方法もありますが、削除クエリを使って簡単に削除する ...

続きを見る

オートナンバーの振り直しでも追加クエリを使って解説しています。

追加クエリを使ったオートナンバー型フィールドの番号の振り直し

オートナンバー型のあるテーブルでレコードを削除すると、欠番が出てしまいます。 Accessにとっては問題はなくても、見た目としては1から綺麗 ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.