Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Access2010

追加クエリ

投稿日:2017年1月7日 更新日:

1つのテーブルに別のテーブルのレコードを追加する方法です。

[6月]と[7月]のテーブルがあって、各テーブルのフィールド名は同じです。

6月のテーブルに、7月のテーブルのレコードを追加します。

テーブル

クエリデザインの表示

[作成]タブから[クエリデザイン]をクリックします。

[テーブルの表示]から[7月]を選択して、[追加]ボタンをクリックします。

クエリデザイン

7月テーブルのすべてのフィールドをデザイングリッドに表示します。

クエリデザインビュー

追加クエリの作成

[クエリの種類]から[追加]をクリックします。

[追加]ダイアログボックスのテーブル名の▼ボタンをクリックします。

追加ボタン

追加先テーブルに[6月]を選択します。

[OK]ボタンをクリックします。

追加ダイアログボックス

下のように[レコードの追加]行が挿入されます。

同じフィールドの場合は、自動的にフィールドが追加されますが、ここでは、追加先テーブルの[ID]が[オートナンバー型]なので削除します。

IDがなくても、[オートナンバー型]なので、次のレコードの番号が自動的に振られます。

注意[オートナンバー型]の場合は、必ず削除してください。

クエリ レコードの追加

クエリの実行

デザインビューのまま[実行]ボタンをクリックします。

クエリ 実行

下のようなメッセージウィンドウが表示されますので、[はい]ボタンをクリックします。

メッセージウィンドウ

または、クエリに名前を付けて保存して、

名前を付けて保存

追加クエリをダブルクリックして実行します。

追加クエリ

参考オートナンバーの振り直しでも追加クエリを使って解説しています。

追加クエリを使ったオートナンバー型フィールドの番号の振り直し

オートナンバー型のあるテーブルでレコードを削除すると、欠番が出てしまいます。 Accessにとっては問題はなくても、見た目としては1から綺麗 ...

続きを見る

関連以下は、アクションクエリについての関連記事です。

レコード削除時の確認メッセージを非表示にする

Accessでレコードを削除すると、下のように確認メッセージが表示されます。 この確認メッセージは、非表示にすることができます。 Acces ...

続きを見る

変更履歴テーブルの作成

追加クエリを使用して、テーブルに変更履歴を残す方法です。 テーブルの確認 [T_売上]テーブルは、下のようになっています。 [T_売上]テー ...

続きを見る

アクションクエリ実行時の確認メッセージを非表示にする

以下のメッセージウィンドウは、追加クエリを実行したときに表示されるメッセージです。 アクションクエリを実行すると、必ずメッセージウィンドウが ...

続きを見る

グループ化で重複レコードを削除したテーブルを作成

Access2013で、1つのテーブルで重複したレコードを削除してマスターテーブルを作成する方法です。 テーブルの確認 以下のようなテーブル ...

続きを見る

差分を追加(追加クエリ)

Accessで2つのテーブルの不一致レコードを抽出した後、その差分レコードをテーブルへ追加する方法です。 不一致クエリウィザードで差分レコー ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.