おすすめ記事

同じカテゴリー

表での計算



Excelのような複雑な計算はできませんが、簡単な計算ならWordでも出来ます。
下のような表があります。[金額]を求めたいと思います。数値は半角で入力しています。
全角数字では計算ができませんので気をつけてください。
表

まず、キャンディの金額を求めるセル内でクリックします。
メニューバーの罫線から[計算式]をクリックします。
罫線 計算式

自動的に数式が入力されていますが、これは[Backspace]キーで削除します。
下のように半角で入力します。大文字でも小文字でも構いません。先頭に[=]をつけます。
これは、2行2列目のデータと2行3列目のデータを掛け算するときの式になります。
[OK]ボタンをクリックすると、計算結果が表示されると思います。

計算結果が[0]となった場合は、セル内の数値が全角になっています。半角に修正してください。
Blogの計算結果が[0]になるで解説しています。
計算式ダイアログボックス

スポンサーリンク

Wordの表の場合、セルの参照は下のようになります。
列をアルファベットで表し、左からABCとなります。
行を数字であらわし、上から123となります。
表

同じように他の金額も求めます。
合計の計算の場合は、合計を求めたいセルをクリックして、
メニューバーの[罫線]から[計算式]をクリック。
自動的に下のように表示されますので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
計算式ダイアログボックス 数式を入力


オートSUMボタンは、罫線ツールバーにもあります。ここを参照してくださいね。
引数には、[ABOVE][BELOW][LEFT][RIGHT]などを指定できます。
また、[関数の貼り付け]から他の関数を使用することもできます。
関数の貼り付け

データを変更して再計算する場合は、再計算したいセル内にカーソルを移動して、フィールドを選択した状態(数値がグレーになったとき)で[F9]キーを押します。
数値内、あるいは数値の前でクリックするといいです。数値の後ろでクリックしてもグレーにはなりません。

数式が入ったセル


表示形式も指定できます。3桁ごとに桁区切りを入れたい場合などに書式を設定することができます。
[#,##0]は3桁区切りで、0の場合は0を表示します。詳細は、Blogのユーザー定義の表示形式で解説しています。
計算式ダイアログボックス 表示形式


下は、表関連のページです。ご参照ください。

表の作り方
罫線ツールバーの使い方
一行増やしたい
[+]と[-]で表作成
表内の並べ替え
見えない罫線
表のオートフォーマット
表に連続番号を振りたい
タイトル行の繰り返し
文字列を表に変換
表の解除
2行ずつ色が違う縞模様の表
表の行の途中で改ページしたくない
Word2007での解説ですが、2002や2003でも同じです。
表のセルの間隔

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする