1. 初心者のためのOffice講座
  2. WindowsXP_menu
  3. 外字の作り方

外字の作り方

スポンサーリンク

よし 田」と入力したくても、「よし」の字は変換候補一覧の中にありませんね。

こういうときは、外字エディタを使って文字を作成することができます。

「スタート」ボタンをクリックして、「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「外字エディタ」をクリックします。
アクセサリ


外字エディタが起動して、「コードの選択」ダイアログボックスが表示されます。
コードは、「F040」になっていますね。「OK」ボタンをクリックします。
外字エディタ

新規に外字を作成する場合は、このままツールの鉛筆などをつかって作成すれば良いのですが、
似た字がある場合は、その字をコピーして使った方が早いと思います。

メニューバーの「編集」から「文字のコピー」をクリックします。
文字のコピー

「文字のコピー」ダイアログボックスが表示されます。
「吉」の字を探すには、「形」のところで入力して「Enter」キーを押すといいです。
一覧の中の「吉」の字が選択されるので、そのまま「OK」ボタンをクリックします。
文字のコピー

下のように表示されたと思います。
外字エディタ

ツールバーの「消しゴム」と「鉛筆」を使って、目的の「よし」の字を作成します。
外字エディタ

メニューバーの「編集」から「同じコードで保存」をクリックします。
これで完了です。外字エディタは閉じましょう。
編集メニュー

では、Wordを起動させて、本当に作成した文字が入力できるか確かめてみましょう。
「がいじ」と入力して 「Enter」キーで確定する前に「F5」キーを押します。
がいじと入力
IMEパッド-文字一覧ダイアログボックスが表示されます。
外字が選択されていますね。
よし」の字を選択してクリックします。
IMEパッド 文字一覧
カーソルの位置に、ちゃんと入力することができました。
外字
注)外字は、作成したパソコンでのみでしか利用できません。

外字を読みで入力したい場合は、単語登録するといいです。
単語登録については、単語/用例登録を参照してください。


作成した外字を削除する方法です。
「外字エディタ」を起動すると、「コードの選択」ダイアログボックスが始めに起動されるので、そのままでいいですが、
すでに 外字エディタを開いてる状態ならば、メニューバーの「編集」から「コードの選択」をクリックします。
編集メニュー

「コードの選択」ダイアログボックスから、削除したい文字を選択(クリック)して 「OK」ボタンをクリックします。
コードの選択

削除したい文字が表示されます。
ツールバーから、「四角形選択」をクリックして、文字全体を囲みます。
選択

キーボードから、「Delete」キーを押すか、
メニューバーの「編集」から 「削除」をクリックします。
編集メニュー 削除

メニューバーの「編集」から「同じコードで保存」をクリックします。これでOKです。
同じコードで保存

Blogでは、外字エディタで○囲みの数字を作成をUPしています。
2つの文字から組み合わせて外字を作成する場合は、参考になると思います。

※WindowsVistaでは、アクセサリの中に外字エディタがありません。
外字エディタを使うにはを参照してください。
Windows7では、「アクセサリ」の中の「システムツール」の中に「外字エディター」があります。
Windows8では、WindowsVistaと同じように呼び出さなければなりません。

明朝体の外字を作成する方法については、明朝体の外字を作りたいを参照してください。

Tweet



WindowsXP menuページへ
Copyright(c)2001-2014 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.
このページのトップへ戻る