1. 初心者のためのOffice講座
  2. WindowsXP_menu
  3. フォルダにパスワード

フォルダにパスワード

スポンサーリンク

人に読まれたくないファイルがありませんか?
圧縮フォルダにすると パスワードを設定することができます。

送るメニュー

アイコン
こういうフォルダができましたか?

※他の圧縮ソフトを入れている場合は できないようです。


この圧縮フォルダをダブルクリックで開いて メニューバーの「ファイル」をクリックします。

ファイルメニュー
パスワードの追加をクリックします。
パスワードの追加
パスワードの追加ダイアログボックスが表示されます。
「パスワード」と「パスワードの確認入力」にパスワードを入力します。
パスワードの入力
「OK」ボタンをクリックします。


ファイルをダブルクリックして開こうとすると、パスワードをきかれます。
ダブルクリック
これで、パスワードを知らない人は開けませんね。


また パスワードを解除する場合は メニューバーのファイルから
「暗号化の解除」を選択してクリックします。
暗号化解除

圧縮フォルダは、本来はメールなどでデータサイズの大きいファイルを小さくして送るためのものなのですが・・・(^^ゞ

※他のファイルをパスワードを設定したフォルダの中に入れることはできますが ファイルに対してパスワードは設定されません。同じフォルダに入れてパスワードを設定したければ、パスワードを一度解除して 再度、パスワードの設定をしてください。


この圧縮フォルダは、フォルダを開くときにパスワードを要求されるものではなく、フォルダ内のファイルを開くときにパスワードを要求されるだけです。ですから、パスワードの設定をしていても フォルダの中身は見えてしまいますね。

では、見えないようにするには、どうするか?フォルダを開くときにパスワードを要求されるようにするにはどうするか?

まず、必要なファイルを入れたフォルダを右クリック→送る→圧縮フォルダをクリックします。
圧縮フォルダAが作成できましたね。

新しいフォルダBを作成して、そのフォルダの中に圧縮フォルダAを入れます。
圧縮フォルダ

そして、フォルダBから圧縮フォルダBを作ります。
圧縮フォルダBにパスワードの設定をします。

そうすると、圧縮フォルダBを開いて、圧縮フォルダAを開こうとすると、パスワードを要求されるようになります。
パスワードの入力ウィンドウ

Tweet



WindowsXP menuページへ
Copyright(c)2001-2014 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.
このページのトップへ戻る