おすすめ記事

同じカテゴリー

Wordのマクロを全ての文書で使えるようにしたい



Wordで作成したマクロを全ての文書で使えるようにする方法です。
まず、マクロを作成した文書を開きます。そして[開発]タブの[マクロ]をクリックします。
開発タブ

[マクロ]ダイアログボックスが表示されます。
[マクロの保存先]の▼ボタンをクリックして、
マクロダイアログボックス

[Normal.dotm(全文書対象のテンプレート)]を選択します。そして[構成内容変更]ボタンをクリックします。
マクロの保存先

スポンサーリンク

左側の[Module1]を選択して、[コピー]ボタンをクリックします。右側に[Module1]と表示されたのを確認して、閉じます。これで新規文書を開いても、[置換]マクロが使用できるようになります。
構成内容変更

また、マクロはクイックアクセスツールバーに登録しておくと、より便利です。
クイックアクセスツールバーの▼をクリックして、[その他のコマンド]をクリックします。
クイックアクセスツールバー

[Wordのオプション]の[コマンドの選択]から[マクロ]を選択します。
[Normal.Moduke1.置換]を選択して、[追加]ボタンをクリックします。右側に[Normal.Moduke1.置換]が表示されたことを確認して[OK]ボタンをクリックします。
Wordのオプション

クイックアクセスツールバーにマクロが登録されます。タブを切り替えることなく操作することができます。
クイックアクセスツールバー
複数の置換を一括で行うマクロを参考にして、マクロを作成し、登録してみてください。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする