おすすめ記事

同じカテゴリー

原稿用紙の作成



Wordでの原稿用紙の作成方法です。Word2007以降であれば同じです。
ここではWord2013で解説します。
[ページレイアウト]タブの[原稿用紙]グループの[原稿用紙設定]をクリックします。
※この[原稿用紙の設定]が無効になっている場合は、言語設定が間違っている可能性がありますので、ページレイアウトタブの原稿用紙設定が無効を参照して設定を変更してください。
ページレイアウト

[原稿用紙設定]ダイアログボックスが表示されます。
[罫線]の[スタイル]にある▼ボタン(プルダウンボタン)をクリックして、[マス目付き原稿用紙]を選択して、[印刷の向き]は[横]を選択してみます。右上にプレビューが表示されるので確認することができます。
原稿用紙設定

[下線付き原稿用紙]を選択すると、下のようになります。もうひとつ、[外枠付き原稿用紙]も選択することができます。
下線付き原稿用紙

スポンサーリンク


[文字数×行数]を[20×10]にすると[袋とじ]は無効になります。
文字数×行数

[罫線の色]も自由に変えられます。
罫線の色

原稿用紙設定を下のようにして、[OK]ボタンをクリックします。
原稿用紙設定

[しばらくお待ちください]というプログレスバーが表示された後、下のような原稿用紙が現れます。
原稿用紙の完成

1マスに1文字ずつ入力することができます。フォントサイズは10.5ポイントです。太字にしたり斜体にしたりはできるのですが、フォントサイズは変更できません。[Enter]キーを押すと、左の列へ移動します。
原稿用紙に入力

一度、原稿用紙に入力した文章でも、再度、[ページレイアウト]タブの[原稿用紙設定]をクリックして、[原稿用紙設定]ダイアログボックスを表示して、[原稿用紙の設定にしない]を選択すると、
原稿用紙の設定にしない
下のように標準のスタイルになります。
標準スタイル

反対に標準スタイルの文章を原稿用紙に収めることもできます。
下の文章は、Word2013のサンプル文です。半角で[=rand()]と入力して[Enter]キーを押しています。
サンプル文

[マス目付き原稿用紙]、[20×20]、[横]を選択してみます。
原稿用紙設定

下のように原稿用紙のマスに文字列を収めることができます。
原稿用紙の完成

ただ、アルファベットが横になっていますので、これも縦書きにしたいですね。アルファベットの文字の中にカーソルをおいて、[ホーム]タブの[文字種の変換]から[全角]を選択します。
文字種の変換

縦書きにすることができます。別の方法もあります。その方法については、アルファベットの縦書きで解説しています。
アルファベットの縦書き
既存の文書を原稿用紙設定に(Word2007)でも解説しています。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする