スポンサーリンク

おすすめ記事

同じカテゴリー

スクリーンショットにハイパーリンク



Office2010からの機能のひとつにスクリーンショットがあります。
Excelでは、[挿入]タブの[図]グループにあります。
起動中のアプリケーションやブラウザのウィンドウをクリックするだけで挿入することができる機能です。
スクリーンショット(Office2010)
スクリーンショット
Office2013では、起動中のブラウザをスクリーンショットで挿入すると、キャプチャしたブラウザーウィンドウのURLへ自動的にハイパーリンクが設定されます。
下の画像は、挿入した直後ですが、画像以外の場所をクリックした後、
挿入した画像
画像上にマウスを置くと、ハイパーリンクを示す指の形に変わります。
クリックすると、Webページが表示されます。便利ですね!
ハイパーリンク

スポンサーリンク

ハイパーリンクの設定を止したい場合は、[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。
[詳細設定]をクリックして、[スクリーンショットにハイパーリンクを自動的に設定しない]のチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。
設定後にスクリーンショットで挿入した画像は、ハイパーリンクが設定されていません。
ここでは、Excelで解説していますが、WordやPowerPointも同じです。
Excelのオプション

※このスクリーンショットにハイパーリンクが自動的に設定される機能は、 IEのみで設定されるようです。また、いつの頃からか、[キャプチャしたブラウザーウィンドウのURLへのハイパーリンクをスクリーンショットに自動的に設定しますか?]というメッセージウィンドウが表示されるようになっています。[はい]をクリックすると、ハイパーリンクが設定されます。
メッセージウィンドウ
関連記事です。Office2013のスクリーンショットは進化していた

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする