おすすめ記事

同じカテゴリー

プレースホルダーのコピーはマスターで



PowerPointでプレースホルダー追加する場合は、スライドでコピーして追加するより、マスターで追加したほうが後々便利だと思います。PowerPoint2016で解説しますが、他のバージョンでも同じです。
下のようにスライドにレイアウト「2つのコンテンツ」を適用します。
スライドのレイアウト

左右に並んだプレースホルダーにもう1つ追加しなければならない場合、どうするか?ということなんですが、この時、スライドの1つのプレースホルダーをコピーして追加することもできますね。ですが、この方法だと後の編集が不便になる場合があります。
プレースホルダーをコピーして追加

スポンサーリンク

できれば、マスターからレイアウトを追加した方が良いと思います。その方法です。
[表示]タブの[マスター表示]グループにある[スライドマスター]をクリックします。スライドマスターって何?という方は、ポップヒントをお読みください。ポップヒントには以下のように記されています。
”マスタースライドに基づいて、色、フォント、背景、効果など、プレゼンテーション全体のすべての見た目が決まります。たとえば、スライドマスターに図形やロゴを挿入すると、すべてのスライドに自動的に反映されます。"
スライドマスター

スライドマスターは、下のように表示されていると思います。2つのコンテンツのレイアウトです。ここでレイアウトをコピーして追加します。
スライドマスターを表示

マスターを下のように変更します。
レイアウトを追加

レイアウトの名前は変更しなくても構いませんが、分かりやすくするため[3つのレイアウト]に変更します。
スライドマスターのサムネイルで右クリックして、ショートカットメニューから[レイアウト名の変更]をクリックします。
レイアウト名の変更

[レイアウト名の変更]で[2つのコンテンツ]を[3つのコンテンツ]に変えて、[名前の変更]をクリックします。
名前の変更

ウィンドウの右上にある[マスター表示を閉じる]ボタンをクリックします。
マスター表示を閉じる

これで準備OKです。[ホーム]タブの[スライドのレイアウト]をクリックして、
スライドのレイアウト

先ほど作成した[3つのコンテンツ]をクリックします。
3つのコンテンツを適用

プレースホルダーが追加されます。このプレースホルダーに入力して調整します。
プレースホルダーの追加

完成です。見た目は「プレースホルダーをコピーして作成」したものと変わりません。
マスターからコピーして追加して完成

でも、[デザイン]タブからテーマのデザインなどを適用してみると・・・
「プレースホルダーをコピーして作成」したものは、テーマが適用されません。
「マスターからコピーして追加」したものは、テーマが適用されます。
「プレースホルダーをコピーして作成」したものは箇条書きのマークが揃っていませんね。
デザインテーマの適用

スライドの数が多かったり、デザインテーマの変更が頻繁にある場合などは、スライドマスターから変更修正されることをお勧めします。

もし、プレースホルダーをスライド上でコピーして追加した後でも、[書式のコピー/貼り付け]を使って同じ書式にすることはできます。この時、プレースホルダーの枠線を選択して、プレースホルダーの中にカーソルがない状態で操作してください。分かりにくければ、テキストボックスの書式のコピー/貼り付けができないを参照してください。テキストボックスで解説していますが、プレースホルダーも同様です。
書式のコピー/貼り付け

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする