リンクユニット

Windows7 & Office2010 Excel2010

Print Friendly, PDF & Email

[無効データのマーク]でエラーメッセージでも防げない規則以外のセルをチェック

投稿日:2017年1月9日 更新日:

[データの入力規則]の中に[無効データのマーク]というのがあります。
これは入力規則に設定した以外の値のセルに赤丸を付けてくれる便利な機能です。Excelの入力規則は、リストから入力できるなど入力の手間を省くために使用されることが多いと思います。ただ、いくら入力規則でリストから選択して入力できるようにしていても、別のセルから値をコピーして貼り付けしたり、オートフィルを使うとリスト以外の値を入力できてしまいます。

[無効データのマーク]という機能を使うと、リスト以外の値のセルに赤丸を付けて規則以外(リスト以外)の値のセルを簡単に発見することができます。
無効データのマーク

エラーメッセージ

入力規則を設定したら、リスト以外の値を入力されないようにエラーメッセージを表示することができます。

[データの入力規則]ダイアログボックスの中には、[エラーメッセージ]タブがあり、エラーメッセージを出して無効なデータが入力されたらメッセージを出すように設定することができます。反対に、設定したリスト以外の値を例外として受け入れたい場合は、[注意スタイル]や[情報スタイル]を使うと便利です。

以下の入力規則では、[〇]、[×]しか入力できないように設定しています。
データの入力規則

停止スタイル

[データの入力規則]ダイアログボックスの[エラーメッセージ]タブの既定は[停止]になっています。参考[タイトル]と[エラーメッセージ]のテキスト欄には、独自のタイトルやメッセージを入力して設定することができます。
エラーメッセージの既定

エラーメッセージのスタイルが[停止]の場合は、入力規則で設定した以外の値を入力すると、下のメッセージが表示されて 再度、入力を促されます。規則で設定した値以外の入力は認められません。参考下の画像は、タイトルやエラーメッセージが空白の場合のメッセージウィンドウです。

入力した値は正しくありません。ユーザーの設定によって、セルに入力できる値が制限されています。

エラーメッセージ 停止

注意いくら入力規則をつけていてもコピーして貼り付けた値やオートフィルで入力された値は受け入れられます。ですから、上記のエラーメッセージが表示されても、[キャンセル]ボタンを押して、別のセルから値をコピーして貼り付けたり、オートフィルを使うと、入力できてしまいます。こういう場合、[無効データのマーク]をクリックして、入力規則で設定した以外の値に赤丸を付けると簡単にエラーを発見することができます。

注意スタイル

エラーメッセージのスタイルで[注意]を選択します。参考[タイトル]と[エラーメッセージ]のテキスト欄には、独自のタイトルやメッセージを入力して設定することができます。
エラーメッセージのスタイル

下のメッセージが表示されますが、[はい]ボタンをクリックすると、例外の値も入力することができます。参考下の画像は、タイトルやエラーメッセージが空白の場合のメッセージウィンドウです。

入力した値は正しくありません。ユーザーの設定によって、セルに入力できる値が制限されています。続けますか?

エラーメッセージ 情報

情報スタイル

同じく[情報]を選択した場合も[OK]ボタンをクリックして、例外の値を入力することができます。参考下の画像は、タイトルやエラーメッセージが空白の場合のメッセージウィンドウです。
エラーメッセージ 注意

無効データのマーク

[エラーメッセージ]タブで[注意]や[情報]を選択して例外の値を入力できるようにした場合でも、例外のセルにマークを付けることができます。また、[停止]を選択して入力規則以外の値は入力できないようにしていても、コピーやオートフィルで入力された値は受け入れられてしまいます。この場合も入力規則以外のセルにマークをつけることができます。

[データ]タブにある[データの入力規則]から[無効データのマーク]をクリックすると
無効データのマーク

下のように入力規則で設定した以外の値のセルに赤丸が表示されます。
データが少ない場合は、目視でも間違えることは少ないかもしれませんが、データが大きい場合は、超便利ですね。
注意[無効データのマーク]をクリックするときは、範囲選択する必要はありません。
無効データのマーク 結果

入力規則マークのクリア

[入力規則マークのクリア]ボタンをクリックすると、赤丸は非表示になります。
入力規則マークのクリア

絞り込みリストの作成をしていても、無効データのチェックは必要になります。

絞り込みリストの作成

Excelでは入力規則と関数を使って、リストの中から一つ選択すると、次のリストは前のリストに該当する内容の中からしか選択できないようにするこ ...

続きを見る

関連入力規則関連の記事です。

データの入力規則を使ってIMEの入力モードを自動切り替え

Excelでは、[入力規則]を使って入力時の日本語入力をオンにしたり、オフにしたり設定することができます。この設定を行っておくと、入力時にI ...

続きを見る

入力規則のコピーと貼り付け

Excelの入力規則は、便利ですね。ですが、この入力規則はコピー・貼り付けができるということは案外知られていないようです。 データの入力規則 ...

続きを見る

重複データの入力を禁止するには

Excelで1つの列に重複した値を入力できないように規制する方法を紹介します。Excel2013で解説しますが、他のバージョンも同じ方法で設 ...

続きを見る

行と列の交差するセルの値を求める

Excelで下のようなマトリックス表があって、このマトリックス表の行と列の交差する値を関数を使って自動的に求める方法です。早見表などでも使用 ...

続きを見る

リストの参照範囲が可変になる場合の設定方法は以下の記事を参照してください。

範囲が可変する名前定義(Excel2007)

縦横の範囲が可変する名前定義

VLOOKUPの参照範囲が可変する場合

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

Excelを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

画像の調整[アート効果]、[色]、[修整]

[挿入]タブから画像を挿入すると、[図ツール]タブが表示されます。 [アート効果]は、[図ツール]の[書式]タブにあります。 [調整]グルー ...

Office2010のガイド

Office2003からOffice2010へ移行された方は、Microsoftのガイドが便利です。 Office2003のメニューやツール ...

1つのセルの内容を複数のセルに分割(指定した文字数で分割)

A列のセルの内容を[年]、[月]、[日]のセルに分割する方法です。 区切り位置ウィザード 分割したいセル範囲を選択して、[データ]タブの[デ ...

Excelの住所録をOutlookの連絡先にインポートする

Excelで住所録を作成しているのであれば、その住所録データをOutlookにインポートすることができます。この機能は、Outlook200 ...

ミニ翻訳ツール

Word2010には、文章中の文字列にマウスでポイントするだけで、翻訳される機能がつきました。 [校閲]タブの[言語]グループにある[翻訳] ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.