Windows7 & Office2010 Excel2010

Print Friendly

新規入力セルへ移動するマクロの作り方

投稿日:

マクロって何だろう?って思っていらっしゃる方へ見ていただければ嬉しいです。

たとえば、長い表があって 新規入力するためにはいつも下へ下へスクロールして、入力された終わりのセルを探して、その下のセルをアクティブにして新規のデータを入力している。
そういう場合、ボタン一つでいつも新規入力のセルへ移動できたら、効率的だと思いませんか?

新規入力セルへ移動するマクロの作り方です。
[開発]タブから[コード]グループにある[マクロの記録]をクリックします。[開発]タブが表示されていない場合は、開発タブの表示を参照してください。
[マクロの記録]の[マクロ名]に[新規入力]と入力して、[OK]ボタンをクリックします。
マクロの記録

まず、セルA2をクリックします。アクティブセルがセルA2になっていても、再度セルA2をクリックします。
次に[相対参照で記録]をクリックします。相対参照については、ポップヒントを読んでくださいね。
相対参照で記録

[相対参照で記録]がオンになっていることを確認して、[Ctrl]キーと[↓]キーを同時に押します。データの最終セルへ移動したと思います。ここでまた[↓]キーを一回押します。
マクロの記録

スポンサーリンク
[記録終了]ボタンをクリックします。[相対参照で記録]は再度クリックしてオフにしておきます。
記録終了

[マクロ]をクリックして、[新規入力]を選択して、[実行]ボタンをクリックしてみてください。アクティブセルがどこにあっても、新規入力のセルへ移動すると思います。
マクロの実行

[マクロ]から[編集]ボタンをクリックすると、
マクロの編集

記録したコードを見ることができます。これがVBEです。VBEは右上の閉じるボタンで閉じてください。
3行目に[ActiveCell.Offset(1,0).Range("A1").Select] とありますが、ここの[Range("A1")は、なくても同じ動作になります。
マクロの記録では、どうしてもこういう記述になるようです。
VBA

マクロは完成したので、ボタンに登録します。[開発]タブの[コントロール]グループにある[挿入]から[ボタン]をクリックします。適当な位置に(セルF2あたり)にドラッグしてボタンを作成します。
マクロボタン

[マクロの登録]が開きますので、[新規入力]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
マクロの登録

下のようにマクロボタンが作成できます。ボタンで右クリックして[テキストの編集]をクリックします。
テキストの編集

名前を[新規入力]にします。行数を増減して、ボタンをクリックして動作を確認してみてください。
ボタンの動作確認

[ファイル]タブを開き、[保存と送信]から[ファイルの種類の変更]をクリックして[マクロ有効ブック]を選択します。任意の名前を付けて、保存してください。
ファイルの保存

マクロをクイックアクセスツールバーや、タブに登録することもできます。
マクロをタブに登録するは

お勧め記事と広告

関連記事

人物情報ウィンドウ

Outlook2010を使っていて、これは便利だと思う機能です。 受信メールのメッセージ選択すると、その差出人のこれまでのメールの履歴が表示 ...

上書き入力モードで入力しない(Insキーを使用しない)

メールを書いているとき、突然 入力した文字が消えて新しく入力した文字に置き換わってしまって慌てたという経験はないですか? これは、[挿入モー ...

文字列を指定した回数繰り返す関数

下の表のように点数を星の数で表すと見やすくなりますね。 これは、関数を使うと簡単に作成することができます。 セルC3に[=REPT(&quo ...

ピラミッド型グラフを関数で作成

  人口ピラミッドを関数を使って、下のようにグラフのように見せる方法です。 使用するREPT関数は、文字列を指定した回数繰り返す関 ...

サブフォームのソースオブジェクトの変更

サブフォームのソースオブジェクトを変更する方法です。 下のようなフォームを作成しています。サブフォームの名前は、[受注サブフォーム]です。 ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.