Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Excel2010

新規入力セルへ移動するマクロの作り方

投稿日:2017年1月7日 更新日:

マクロって何だろう?って思っていらっしゃる方へ見ていただければ嬉しいです。

たとえば、縦に長い表があって、新規入力するためにいつも下へスクロールして、入力された終わりのセルを探して、その下のセルをアクティブにして新規のデータを入力している。

そういう場合、ボタンを一回クリックして、いつも新規入力のセルへ移動できたら、効率的だと思いませんか?

こういう環境での新規入力セルへ移動するマクロの作り方です。

[マクロの記録]ダイアログボックスの表示

[開発]タブから[コード]グループにある[マクロの記録]をクリックします。

[開発]タブが表示されていない場合は、開発タブの表示を参照してください。

開発タブの表示

Office2010から[開発]タブを表示する方法が変わりました。 Office2010以降は以下の方法で表示します。 [ファイル]タブの[ ...

続きを見る

[マクロの記録]の[マクロ名]に[新規入力]と入力して、[OK]ボタンをクリックします。

マクロの記録

相対参照で記録

まず、セル[A2]をクリックします。

アクティブセルがセル[A2]になっていても、再度セル[A2]をクリックします。

次に[相対参照で記録]をクリックします。

相対参照については、ポップヒントを読んでくださいね。

相対参照で記録

ポップヒントに記されている内容です。

相対参照で記録

マクロの記録で相対参照を使用します。

マクロは最初に選択したセルに相対参照で処理を行うように記録されます。

たとえばこのオプションをオンにして、カーソルをA3に移動するマクロをセルA1で記録した場合、このマクロをセルJ6で実行するとカーソルはJ8セルに移動されます。

このオプションをオフにしてマクロを記録した場合、このマクロをセルJ6で実行するとカーソルはA3に移動されます。

キーボードで操作

[相対参照で記録]がオンになっていることを確認して、[Ctrl]キーと[↓]キーを同時に押します。

データの最終セルへ移動したと思います。

ここでまた[↓]キーを一回押します。

参考[Ctrl ]+ [↓]は、データの最終行へ移動するショートカットキーです。

新規入力のセルは、最終行の一つ下のセルなので、[↓]を押します。

マクロの記録

マクロの記録終了

[記録終了]ボタンをクリックします。

[相対参照で記録]は再度クリックしてオフにしておきます。

記録終了

マクロの実行

[マクロ]をクリックして、[新規入力]を選択して、[実行]ボタンをクリックしてみてください。

アクティブセルがどこにあっても、新規入力のセルへ移動すると思います。

マクロの実行

マクロの編集

[マクロ]から[編集]ボタンをクリックすると、

マクロの編集

記録したコードを見ることができます。

これがVBEです。

VBEは右上の閉じるボタンで閉じてください。

3行目に[ActiveCell.Offset(1,0).Range("A1").Select]

とありますが、ここの[Range("A1")]は、なくても同じ動作になります。

マクロの記録では、どうしてもこういう記述になるようです。

マクロの名前は、ここでは[新規入力]という名前になっていますが、ここで直接入力して変更することもできます。

VBA

マクロボタンの作成

マクロが完成したので、ボタンに登録します。

[開発]タブの[コントロール]グループにある[挿入]から[ボタン]をクリックします。

適当な位置に(セル[F2]あたり)にドラッグしてボタンを作成します。

マクロボタン

[マクロの登録]が開きますので、[新規入力]を選択して[OK]ボタンをクリックします。

マクロの登録

下のようにマクロボタンが作成できます。

ボタンで右クリックして[テキストの編集]をクリックします。

テキストの編集

名前を[新規入力]にします。

行数を増減して、ボタンをクリックして動作を確認してみてください。

ボタンの動作確認

参考マクロは、図形に登録することもできます。以下の記事では、図形に登録しています。

最終更新日時を自動的に保存するには

Excelでセルに最終更新日時を自動的に表示できるようにしたいという場合の方法です。 ユーザー定義関数を使う方法と マクロを作成後、ボタンを ...

続きを見る

マクロ有効ブックとして保存

[ファイル]タブを開き、[保存と送信]から[ファイルの種類の変更]をクリックして[マクロ有効ブック]を選択します。

任意の名前を付けて、保存してください。

ファイルの保存

または、[F12]キーを押して、[名前を付けて保存]を表示します。

そして、[ファイルの種類]から[Excel マクロ有効ブック(*.xism)]を選択して保存しても同じです。

名前を付けて保存

マクロ有効ブックで保存したアイコンは下のようになります。

マクロ有効ブックのアイコン

参考マクロをクイックアクセスツールバーや、タブに登録することもできます。

マクロをタブに登録するは

マクロをリボンに登録するには

Office2010では、リボンのカスタマイズができるようになりました。 非常に便利ですね。 Excelのマクロやアドインは、クイックアクセ ...

続きを見る

Excel2003でもマクロの作成について解説しています。

マクロの作成と実行

マクロって難しいそうだなぁと思っていませんか? 高度なマクロではなく、簡単にできるものから始めてみませんか? マクロとは一連の作業を自動化す ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.