Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Access2010

Excelへ出力するコマンドボタンの作成

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Access2010でテーブルやクエリをExcelへ出力するマクロを作成して、それをコマンドボタンに登録する方法です。

マクロの作成は3つの方法を紹介します。

エクスポート操作の保存

[エクスポート操作の保存]は、マクロを作成するときに[保存済みのインポート/エクスポート操作の実行]を選択して設定できるようにするための準備です。

参考マクロで[保存済みのインポート/エクスポート操作の実行]を指定しない場合は、この準備は不要です。

[外部]データから出力したいテーブルやクエリを選択して、[エクスポート]グループにある[Excel]をクリックします。

外部データ

[エクスポート-Excelワークシート]ウィザードが起動します。

[ファイル名]や[保存先]、[ファイル形式]を選択します。

エクスポートのオプションもよく読んで、選択してください。

[OK]ボタンをクリックします。

データのエクスポート先の選択

[エクスポート操作の保存]のチェックボックスをオンにします。

分かりやすい名前を付けて、[エクスポートの保存]ボタンをクリックします。

エクスポート操作の保存

[外部データ]の[エクスポート]グループにある[保存済みのエクスポート操作]をクリックして、先ほど作成したエクスポート操作が保存されているかを確認します。

保存済みのエクスポート操作

①マクロの作成 [保存済みのインポート/エクスポート操作の実行]

[作成]タブから[マクロ]をクリックします。

作成タブのマクロ

すべてのアクションを表示]をオンにして、▼をクリックして、一覧の一番下にある[保存済みのインポート/エクスポート操作の実行]を選択します。

すべてのアクションを表示

[保存済みのインポート/エクスポート操作の名前]で保存した名前を選択します。

F12]キーを押して、マクロに名前を付けて保存します。

ここでは、[Excelへ出力]という名前にします。

保存済みのインポート/エクスポート操作の実行

②マクロの作成  [ワークシートのインポート/エクスポート]

上記以外に、Excelへ出力するボタンは、マクロツールの[すべてのアクションを表示]ボタンをクリックして、 [ワークシートのインポート/エクスポート]を選択して作成することもできます。

注意Access2013以降はありません。

全てのアクションを表示

ワークシートのエクスポート

③マクロの作成 [書式設定を保持したままエクスポート]

また、[アクションカタログ]の中の[書式設定を保持したままエクスポート]を選択して、Access2003やAccess2007のときのマクロアクション[出力]と同じように設定することもできます。

書式設定を保持したままエクスポート

書式設定を保持したままエクスポート

コマンドボタンの作成

上記のいずれかの方法で作成したマクロを、コマンドボタンに登録します。

コマンドボタンを作成したいフォームをデザインビューで開きます。

[フォームデザインツール]の[デザイン]-[コントロール]にある[ボタン]をクリックします。

フォームのデザインビュー

ボタン作成したい位置にドラッグします。

([コントロールウィザードの使用]は、オンにしておきます)

マクロの実行を選択

[コマンドボタンウィザード]が起動したら、[その他]から[マクロの実行]を選択します。

[次へ]ボタンをクリックします。

ボタン

マクロの選択

[Excelへ出力]を選択します。

[次へ]ボタンをクリックします。

コマンドボタンウィザード

[文字列]か[ピクチャ]の選択

[文字列]か[ピクチャ]を選択して、[次へ]ボタンをクリックします。

コマンドボタンウィザード

ボタンの名前付け

ボタンの名前を付けて、[完了]ボタンをクリックします。

コマンドボタンウィザード-完了

フォームデザインビュー-完成

注意65,000件以上の出力は、書式設定を保存したままエクスポートを選択すると出力できません。

65000件以上のエクスポートは書式設定なしで出力

Access2013で7万行以上あるテーブルをExcelへエクスポートするマクロを作成しようとしたら、[選択しているレコードの数が多すぎるた ...

続きを見る

関連コマンドボタンはウィザードを使って作成した場合、少し注意しなければならないことがあります。

ウィザードによるボタン作成後の埋め込みマクロを参照してください。

ウィザードによるボタン作成後の埋め込みマクロ

Accessでは、ウィザードを使用して簡単にボタンを作成することができます。 これについては、ウィザードを使ったコマンドボタンの作成で解説し ...

続きを見る

また、マクロを作成した場合、コマンドボタンはウィザードを使用せずに、プロパティのクリック時イベントでマクロを指定しても作成することができます。

マクロを使ったコマンドボタンの作成で解説しています。

マクロを使ったコマンドボタンの作成

Accessで作成済みのフォームをボタンをクリックして開くようにする方法です。 ここでは、マクロを作成してボタンに登録する方法です。 起動時 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。私もこれで学習しました。

記事を更新しました

ノートペイン(発表者用メモ領域)に図形を挿入

PowerPointのノートペイン(ノート領域)には、発表者用のメモを入力します。 このノートペインに書式設定をしたり、画像や図形を挿入した ...

no image
Windows7のエディション

Windows7にも種類があります。 Windows7 Starter(スターター) Windows7 Home Premium(ホームプレ ...

ヘッダーまたはフッターにファイルのパスを表示(Word2010)

Word2010でヘッダーまたはフッターにファイルのパス名を表示する方法です。 [挿入]タブの[ヘッダーとフッター]グループの[ヘッダー]を ...

スタートメニューの中へ戻すには

スタートメニューの中のプログラムをデスクトップから起動できるように、ショートカットを作ろうと思って、スタートメニューからドラッグして作成する ...

タスクスケジューラ

WindowsVistaから、タスクスケジューラの起動、設定が少し変わったようです。 Windows7で、タスクスケジューラを使って毎週決ま ...

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.