おすすめ記事

同じカテゴリー

箇条書きのタブを解除するには



Wordで数字を入力して、文字を入力したあと[Enter]キーを押すと、自動的に段落番号が設定されます。
この設定を解除するには、メニューバーの[ツール]→[オートコレクトのオプション]をクリックして、
ツールメニュー
[入力オートフォーマット]タブの[箇条書き(段落番号)]のチェックをオフに設定しておくと、自動的に段落番号が振られることはなくなります。
[箇条書き]も自動的にタブが付いて、改行すると同じ行頭文字がついてしまいますので、それを避けたい場合は同じように[箇条書き(行頭文字)]のチェックを外すといいです。
オートコレクトダイアログボックス
これは、スマートタグのオートコレクトのオプションからも設定できます。
[Enter]キーを押した後に番号の左側に[オートコレクトのオプション]ボタンが表示されます。
[オートコレクトのオプションの設定]を選択すると、[オートコレクト]ダイアログボックスが表示されますので、上と同じように設定することができます。
[段落番号を自動的に作成しない]を選択すると、[箇条書き(段落番号)]のチェックをオフにすることができます。
スマートタグ

スポンサーリンク

箇条書きの設定を解除して、タブなしで入力することができました。
箇条書きの設定を解除


でも、下のように段落番号を確定した後に数字と文字列の間を詰めたい、タブだけを解除したいという場合があります。
段落番号
そのときは、まず、タブを解除したい段落を選択します。
そして、メニューバーの[書式]→[タブとリーダー]をクリックします。
書式メニュー
[タブ位置]を選択して[クリア]ボタンをクリックします。
タブとリーダーダイアログボックス
続けて、既定値を[0]に設定して[OK]ボタンをクリックします。
タブとリーダーダイアログボックス
タブを削除することができました。
タブの削除


既定値が[0]になっている場合は、ルーラーから[左揃えタブ]を外へドラッグするだけでもいいです。
ルーラー


また、ルーラーがミリ単位になっている場合は、文字単位に変更することができます。
Blogのルーラーは、ミリ単位?文字単位?を参照してください。


また反対にこのタブ位置を広げたい場合は、設定したい段落を選択して、
ルーラーの[左揃えタブ]を右へドラッグするといいです。
左揃えタブ


改段落をせずに入力すると、下のように2行目以降は[ぶら下げインデント]によって字下げされます。
この場合、ぶら下げインデントをドラッグで移動させることによって調整できます。
ぶら下げインデント
ぶら下げインデントについては、サイトのインデントを参照してください。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする