おすすめ記事

同じカテゴリー

リストの参照範囲の設定



[データの入力規則]の設定で、[元の値]を参照する場合、別シートの範囲も設定できるようになりました。

Excel2007までは、別シートの範囲を参照する場合は、範囲に名前定義をする必要がありました。
名前定義の活用

データタブの[データの入力規則]をクリックします。
データタブ

[データの入力規則]ダイアログボックスが表示されます。
[入力値の種類]から[リスト]を選択します。
[元の値]のテキスボックスにカーソルを置いて、シートを切り替えます。
Excel2007までは、ここでシートの切り替えができませんでした。
データの入力規則

シート名は自動的に表示されますので、リストにしたい値の範囲を選択します。
[OK]ボタンをクリックします。
データの入力規則 元の値

スポンサーリンク

入力規則を設定することができました。
入力規則の設定

入力規則の値の範囲が可変する場合は、可変名前定義を参照してください。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする