おすすめ記事

同じカテゴリー

3Dマップ



Excel2016の新機能です。
3Dマップというコマンドを使って、下のように地図上にグラフを簡単に作成することができます。福岡市の各区の人口をグラフにしてみました。
グラフアニメ
[3Dマップ]は[挿入]タブにあります。
3Dマップ
[3Dマップ]の▼ボタンをクリックして[3DMapsを開く]をポイントします。
ポップアップには"3D Maps ツアーを開くか、または新しいツアーを作成します。ブックに住所や国名などの地理データが含まれていることを確認ください。"とあります。
3Dマップのポップヒント
また、下のようにフィールド名が正しくないと指摘される場合もあります。セルB2が空白であることが問題のようです。できれば、表はテーブルに変換して作成したほうが良いと思います。
エラーメッセージ

スポンサーリンク

下の表は[挿入]タブから[テーブル]をクリックして、テーブルに変換しています。
テーブルに変換
テーブル内のセルをアクティブにして、[3Dマップ]のボタンをクリックします。
3Dマップ
しばらくすると日本地図が現れます。
3Dマップ
[高さ]フィールドで[総計]を選択します。フィールドリストからドラッグしてもいいです。
高さフィールド
地図上に棒グラフを表示させることができます。地図の向きなどは、地図の右下にある左右上下のボタンを使って変更することができます。タッチスクリーンのPCで操作すると面白いと思います。
3Dマップの操作
分類フィールドに[県名]を指定すると、県別に色を分けることができます。分類フィールドに県名
地図のテーマを変更することもできます。
テーマの変更
[高さ]フィールドを[4月]に変更した画像です。
高さフィールドの変更
また、右側のレイヤーウィンドウの下にある[レイヤーのオプション]をクリックして開くと、各系列の色を変更したり、高さや太さも変更することができます。ピボットテーブルなどで使うといろいろ楽しめそうです。
レイヤーのオプション
作成した3Dマップは、[キャプチャ画面]を撮ることもできます。
キャプチャ画面
下のように別シートや他のアプリケーションに貼り付けることもできるので便利ですね。でも、なぜか画像が表示できないことがあります。
3Dマップの貼り付け
同じように地図上にグラフを表示するには、PowerViewを使う方法もあります。ただ、Excel2016ではpowerViewボタンが既定で表示されていませんので、カスタマイズする必要があります。
PowerViewボタンの表示

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする