おすすめ記事

同じカテゴリー

印刷範囲の設定



必要な範囲だけ印刷することができます。

たとえば 下のような表があります。3行目から15行目までを印刷したいと思います。
表
印刷したい範囲(セルA3から、セルJ15まで)をドラッグして範囲選択します。
範囲選択
メニューバーの[ファイル]から、[印刷範囲]→[印刷範囲の設定]をクリックします。
印刷範囲の設定

スポンサーリンク

範囲選択を解除すると、印刷範囲が点線で囲まれていると思います。実際は赤い線ではありませんよ。(^^)
印刷範囲設定後の表
標準ツールバーの[印刷プレビュー]ボタンをクリックして 確認してみましょう。
印刷プレビューボタン
選択した範囲だけが、表示されていますね。これで良ければ、このまま[印刷]ボタンをクリックします。
印刷ボタン
また、印刷範囲を解除する方法は、
メニューバの[ファイル]から[印刷範囲]→[印刷範囲のクリア]をクリックします。
ファイルメニュー
改ページプレビューで印刷範囲を設定する方法もあります。
Blogの改ページプレビューで紹介しています。

改ページの点線を表示したくない場合は、[印刷範囲の点線を消したい]を参照してください。


もう一つの方法は、印刷したい範囲を選択したままメニューバーの[ファイル]から、[印刷]をクリックします。
ファイルメニュー
[印刷]ダイアログボックスが表示されます。
[印刷対象]の[選択した部分]をクリックして、チェックを入れます。
[OK]ボタンをクリックします。
確認したければ、印刷ダイアログボックス左下の[印刷プレビュー]ボタンをクリックしてくださいね。
印刷ダイアログボックス
Wordも同じように部分的に印刷することができます。
オートフィルについて知りたい方は、オートフィルを参照してくださいね。

印刷範囲の設定していたことを忘れて、必要な箇所が印刷されないということもあります(^^)
確認してくださいね。

また、印刷範囲の設定をしていないときに 余分な空白のページが印刷される場合は、
思わぬところに最後のセルがあるときがあります。
Blogの余分なページが印刷されるを参照してください。

印刷範囲を簡単に追加する方法があります。
印刷範囲に追加

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする