おすすめ記事

同じカテゴリー

複数オブジェクトの選択が可能



Word2013では、複数オブジェクトの選択が[オブジェクトの選択]ボタンのドラッグ操作で可能になりました。

画像や、テキストボックス、図形などを挿入した文書があります。[ホーム]タブの[選択]グループにある[選択]から[オブジェクトの選択]を選択して、
オブジェクトの選択
画像などを囲むようにドラッグします。
ドラッグ
画像や図形をまとめて選択することができます。
選択

スポンサーリンク

ただし、画像や図形が[レイアウトオプション]で[行内]の場合を除きます。
もし、まとめて選択できないという場合は、レイアウトオプションで[行内]になっていないか確認してください。

文字列の折り返しで[四角]などを選択すると、まとめて選択できるようになります。
レイアウトオプション
この機能は、Word2010では、描画キャンバス内しか実行することができませんでした。
オブジェクトの選択ボタンのドラッグ操作は描画キャンバス内で有効
Word2013も描画キャンバスがあり、同じようにオブジェクトの選択でまとめて選択することができます。

また[オブジェクトの選択]をポイントした時のスーパーツールチップの内容も書き換えられました。
[インク、図形、テキスト領域などのオブジェクトを選びます。
これは特に、テキストの背後にあるオブジェクトを操作するときに使うと便利です。]となっています。
本来はこういう使い方ですよ、と示唆されているのかもしれませんが、丁寧な解説になっていて嬉しいです。

 【Word2010】  【Word2013】
 Word2010のオブジェクトの選択 スーパーツールチップ  Word2013のオブジェクトの選択 スーパーツールチップ

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする