おすすめ記事

同じカテゴリー

色について



Excelでオートシィェイプやグラフに色をつけるため、
書式設定ダイアログボックスで色を表示するとカラーパレッドが2段になっていますね。

Wordでオートシィェイプの書式設定ダイアログボックスを表示させても 色は一段ですよね。
オートシェイプの書式設定ダイアログボックス
グラフエリアの書式設定ダイアログボックス


この下の段のカラーパレッドは、グラフ作成時に自動的に設定される色なんです。
たとえば 棒グラフを作成してみると・・下の図のように下から2段目の色が左から順に色が使われています。

棒グラフ

スポンサーリンク

折れ線グラフを作成してみると、一番下の段の色が左から順に使われています。
折れ線グラフの色


これは、変更することもできます。メニューバーのツールからオプションをクリックします。
ツール オプション


オプションダイアログボックスが表示されますので、色タブをクリックします。
[グラフの塗りつぶし][線の色]と書かれていますね。
オプションダイアログボックス


変更したい色を選択して、[変更]ボタンをクリックします。
変更ボタン


色を選択します。右下で色を確認します。[OK]ボタンをクリックします。
色選択


オプションダイアログボックスのグラフの塗りつぶしの色が変更されました。[OK]ボタンをクリックします。
これで、棒グラフを作成したときに赤い色がはじめに表示されるようになります。
オプションダイアログボックス


棒グラフを作成してみると、変更されていますね。
棒グラフ
標準の色(カラーパレッドに表示される色)も同じように変更できます。
グラフの超簡単作成方法を紹介しています。キーひとつでグラフ作成


書式設定ツールバーのカラーパレットは、切り離すことができます。
下のようにカラーパレットの上部にマウスをポイントすると、マウスポインタ←の形になります。
その形のときにドラッグします。
カラーパレッド
カラーパレットを切り離すことができました。何かと便利に使えそうですね。
切り離し

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする