リンクユニット

Windows7 & Office2010 Office2010

保存されていないブック(文書、プレゼンテーション)の回復

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2010では、未保存のファイルを回復することができます。

[ファイル]タブの[情報]をクリックします。

保存されていないブックの回復

[バージョンの管理]をクリックして、[保存されていないブックの回復]をクリックします。
参考Word2010では[保存されていない文書の回復]、PowerPoint2010は[保存されていないプレゼンテーションの回復]となっています。
情報

[ファイルを開く]ウィンドウが開き、未保存のブックが表示されます。
ブックを選択し、[開く]ボタンをクリックします。
ファイルを開く

復元された未保存のファイル

情報バーに[復元された未保存のファイル]と表示されています。親切ですねぇーー!
大事なブックであれば、[名前を付けて保存]ボタンをクリックして、すぐに保存したほうがいいですね。
情報バー

[最近使用したファイル]の[保存されていないブックの回復]

[保存されていないブックの回復]は[最近使用したファイル]にもあります。
最近使用したファイル

実は、この機能 早く使ってみたくて わざと[保存しない]をクリックして、閉じてみたんです。
だけど、ブックは見当たらず、何度やっても未保存のブックは現れませんでした。

自動回復用データを保存する時間の設定

いくら未保存といっても既定では10分経たないと保存してくれないんですね。

[オプション]の[保存]をみると、[次の間隔で自動回復用データを保存する]で[10分ごと]になっています。
この間隔は調整することもできますし、回復用データを保存しない設定もできます。

また、[自動回復用ファイルの場所]も変更することができます。
保存

メッセージウィンドウの違い

10分以上経ったブックを閉じようとすると、下のようなウィンドウが表示されます。
このウィンドウのとき、[保存しない]を選択しても回復させることができます。
メッセージウィンドウ

以下のメッセージウィンドウの場合、[保存しない]を選択したら保存されません。
メッセージウィンドウ

参考既存のファイルを上書きせずに閉じてしまった場合の復元方法は、上書きし忘れたファイルの復元を参照してください。

上書きし忘れた(保存しなかった)ファイルの復元

編集後、上書きし忘れたことに気がついて慌てた経験はありませんか?Office2010以降であれば、もしかすると復元することができるかもしれま ...

続きを見る

また、削除したファイルは、Windows7の復元機能を使って復元させることができます。
上書きしてしまったファイルも復活させることができます。
削除したファイルの復元

削除したファイルの復元

Windows7で削除してしまったファイルを復元する方法です。 ファイルが保存されていたフォルダーを右クリックして[プロパティ]をクリックし ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

ファイル制限機能の設定

ある日、新しいパソコンでプレゼンテーションを開こうとしたら、開かない。ほかのパソコンでは開くのに???いろいろトライするけど開けない。 ネッ ...

Excelの住所録をOutlookの連絡先にインポートする

Excelで住所録を作成しているのであれば、その住所録データをOutlookにインポートすることができます。この機能は、Outlook200 ...

スライサー(ピボットテーブルとピボットグラフの絞り込み)

スライサーとは、ピボットテーブルとピボットグラフの絞り込み機能です。 YouTubeの音声はありません。 [挿入]タブのスライサーとは、ピボ ...

フィルターの文字検索

Excelのフィルターを使うとデータを簡単に抽出することが出来て便利ですね。でも、表示されるデータの一覧が多いと、その中から目的のテキストを ...

ブログの投稿ができません

Word2007から、ブログへ投稿できるようになりました。 ブログの投稿(Word2007) Word2010でも同じように投稿できるように ...

-Windows7 & Office2010 Office2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.