Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Access2010

mdbファイルをaccdbファイルに変換

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Access2003で作成した[mdb]ファイルを新拡張子である[accdb]のファイルに変換する方法です。

新拡張子でなければ使えない機能などもありますので、出来るだけ新拡張子へ変更されることをおすすめします。

以下の[ナビゲーションフォーム]も新拡張子でなければ使用できません。

ナビゲーションフォームの作成

作成したフォームやレポートをタブで切り替えて、表示できる機能です。 これはとても便利です。 ただし、[accdb]の拡張子でなければ、使用で ...

続きを見る

mdbファイルを起動

まず、Access2010でmdbファイルを開きます。

そして、[ファイル]タブをクリックします。

Access 2002 - 2003 ファイル形式

[保存して発行]から[データベースファイルの種類]を選択して保存

[保存して発行]をクリックします。

[ファイルの種類]が[データベースに名前を付けて保存]、[データベースに名前を付けて保存]が[Accessデータベース(*.accdb)]が選択されますので、そのまま[名前を付けて保存]ボタンをクリックします。

ファイルタブ

[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されますので保存先を指定して、ファイル名を入力して[保存]ボタンをクリックします。

[ファイルの種類]は[Microsoft Access データベース(*.accdb)]になっていると思います。

[名前を付けて保存]ダイアログボックス

メッセージウィンドウの表示

下のメッセージが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。

このデータベースはAccess2007ファイル形式にアップグレードされました。

新しいデータベースは、Access2003以前のバージョンのユーザーとは共有できません。

メッセージウィンドウ

タイトルバーで確認

タイトルバーには、[データベース(Access 2007 - 2010)]と表示されます。

データベース(Access 2007 - 2010)

参考[Accessのオプション]で[カレントデータベース]で[ドキュメントウィンドウオプション]の選択によって、タイトルバーの表示は異なります。

[ドキュメントウィンドウオプション]で[タブ付きドキュメント]を選択している場合は、タイトルバーにデータベースの種類が常に表示されますが、[ウィンドウを重ねて表示]を選択している場合はタイトルバーに表示されない場合があります。一度オブジェクトを開くと表示されなくなります。

既定は[タブ付きドキュメント]になっています。

タブ付きドキュメント

以下は[ウィンドウを重ねて表示する]を選択した場合のタイトルバーです。

ウィンドウを重ねて表示する

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.