おすすめ記事

同じカテゴリー

テンプレートの保存



テンプレートとはひな形のことです。
繰り返し使用するファイルの場合、自分で作成した文書をテンプレートとして保存しておくと便利です。

Word2010では、テンプレートの保存の方法がこれまでとは、少し変わりました。
テンプレートとして保存して、新規作成のマイテンプレートから起動する方法です。

[ファイル]タブから[保存と送信]をクリックします。
[ファイルの種類と変更]をクリックして右側の[テンプレート(*.docx)]を選択して、[名前を付けて保存]ボタンをクリックします。

※[上書き保存]の下にある[名前を付けて保存]をクリックして、[名前を付けて保存]ダイアログボックスから
[ファイルの種類]で[Wordテンプレート(*.dotx)]を選択しも同じです。
保存と送信
[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されます。
左側のメニュー、上部にある[Microsoft Word]をクリックします。そして[Templates]フォルダをクリックします。
これは、Windows7の場合です。

※WindowsVista、WindowsXPの場合は、操作が違いますので、Word文書をテンプレートとして保存する(Microsoft)をご参照ください。

※2007までは、ファイルの種類でテンプレートを選択すると、自動的にテンプレートフォルダが開かれていたのですが、
Word2010では、自ら選択しない限りドキュメントフォルダのままです。
名前を付けて保存
ファイル名を付けて、ファイルの種類が[Wordテンプレート(*.dotx)]であることを確認して[保存]ボタンをクリックします。
名前を付けて保存

スポンサーリンク

保存したテンプレートを起動するには、
[ファイル]タブの[新規作成]をクリックして、[マイテンプレート]をクリックします。
マイテンプレート
[個人用テンプレート]として、保存されていますので目的のテンプレートを選択して、[OK]ボタンをクリックします。
個人用テンプレート

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする