おすすめ記事

同じカテゴリー

誕生月で抽出する



A列に生年月日が入力してあります。
このデータの中から、5月生まれの人だけ抽出したいのです。

その場合、下のように/(スラッシュ)で区切って入力してある場合は、MONTH関数を使います。
そして、オートフィルで11行まで関数をコピーすると、B列に誕生月を表示させることができます。

誕生月の表示
※年だけを表示したい場合はYEAR関数、、日にちだけを表示したい場合はDAY関数を使います。

5月生まれの人を抽出したければ、表の中で一度クリックして、メニューバーの[データ]→[オートフィルタ]をクリックします。
データメニューそして、B列の▼をクリックして、5月生まれの人を抽出すればいいですね。
誕生月の選択 抽出結果 


また、下のようにA列に数字だけの並びで入力してある場合は、MID関数を使います。

=MID(A2,5,2)は、セルA2の文字列から 左から5番目の文字から2文字を取り出すという関数です。
オートフィルでB列に関数をコピーすると、B列に誕生月だけを表示させることができます。
MID関数

スポンサーリンク

あとは、上と同じようにオートフィルタで 抽出したい月を選択すれば表示できますね。

文字列の左から何文字かを取り出す場合は、LEFT関数
文字列の右から何文字かを取り出す場合は、RIGHT関数を使います。
Blogの文字列から文字を取り出す関数で解説しています。

また区切り位置ウィザードを使ってセルに振り分ける方法もあります。
Blogのセルに振り分けたいで解説しています。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする