Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Office2010

図形の書式設定のグラデーション

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2010では、[図形の書式設定]のグラデーションの設定が分かり易くなりました。

Office2007では、Wordはまだ[オートシェイプの書式設定]でしたが、Office2010ではWordも[図形の書式設定]となりました。

[図形の書式設定]は、以下の時に表示されます。

  • Wordの場合
    [図形][テキストボックス]
  • Excelの場合
    [図形][テキストボックス][系列の書式設定]
  • PowerPointの場合
    [図形][テキストボックス][プレースホルダ]

図形の書式設定の表示

下は、PowerPoint2010の図形です。

図形内で、右クリックしてショートカットメニューから[図形の書式設定]をクリックします。

ショートカットメニュー

参考Excelの場合は、図形を選択して[Ctrl]+[1]で[図形の書式設定]ダイアログボックスを表示することができます。

WordとPowerPointでは出来ません。

[Ctrl]+[1]は、[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示するショートカットキーとして知られていますが、図形を選択している場合は、[図形の書式設定]ダイアログボックスが表示されます。

塗りつぶしのグラデーション

[図形の書式設定]の[塗りつぶし]から[塗りつぶし(グラデーション)]を選択します。

グラデーションの分岐点]で一つの分岐点をクリックして、色を選択します。

各分岐点の色を変更したり、明るさ透過性を設定することができます。

分岐点を移動させて位置の%を変更することができます。

グラデーションの分岐点

[分岐点の追加]と[分岐点の削除]

右側にある、ボタンで[分岐点の追加]と[分岐点の削除]を行うことができます。

リアルタイムプレビュー機能があるので、図形のグラデーションの結果を確認しながら、設定するといいですね。

参考リアルタイムプレビューとは、設定後の結果を確認できる機能のことです。確定前に結果を確認できるため、繰り返し設定しなおす手間を省くことができます。

グラデーションの分岐点

下は、Office2007の[図形の書式設定]です。

グラデーションの設定は、Office2010のほうがずっと分かり易いと思います。

2007の図形の書式設定

参考Microsoftのサイトにグラデーションの分かり易い解説ページがありますので、リンクしておきます。

図形に塗りつぶし (グラデーション) を追加する - PowerPoint - Office.com

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Office2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.