Windows7 & Office2010 Excel2010

Print Friendly, PDF & Email

データバーの活用-点数をグラフ化

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2010で試験の点数をデータバーを使ってグラフ化した方から、2つの質問を受けました。
作成された表は下図のようになっていました。
C列には、数式が入力されていて、B列と同じ数値になります。
質問は2つです。

  • C列はデータバーだけにしたい。数字は表示したくない。
  • 100点満点なのに、データバーの長さが点数に合っていない。

点数一覧

書式ルールの編集ダイアログボックスを表示

データバーの範囲を選択します。
[ホーム]タブの[条件付き書式]から[ルールの管理]をクリックします。
ルールの管理
[条件付き書式ルールの管理]ダイアログボックスが表示されます。
[ルールの編集]ボタンをクリックします。
条件付き書式ルールの管理

棒のみ表示を選択、最大値を100に

[書式ルールの編集]ダイアログボックスが表示されます。
まず、[棒のみ表示]のチェックボックスをオンにします。これで、データバーのみの表示になります。
そして、[最小値]の種類を[数値]、[値]を[0] [最大値]の種類を[数値]、[値]を[100]にします。
参考既定では、すべて[自動]になっています。
[OK]ボタンを押して閉じます。次も[OK]ボタンを押して閉じます。
書式ルールの編集
これで、目的の表が完成です。
完成した表
関連ページです。
条件付き書式
条件付き書式

Excel2010の条件付書式のデータバーでは、マイナスの値も表示可能になりました。 条件付き書式のデータバー まず[条件付き書式]のデータ ...

続きを見る

条件付き書式のコピー

条件付き書式のコピー

Excel2010に限ったことではありませんが、条件付き書式は、コピー、貼り付けして使用することができます。 条件付き書式の設定 たとえば、 ...

続きを見る

条件付き書式のアイコンセットの区分け

条件付き書式のアイコンセットの区分け

Excel2010の条件付き書式の[アイコンセット]は便利ですが、アイコンセットのアイコンの種類を区分けする範囲は既定で決められています。 ...

続きを見る

条件付き書式のデータバーを右から左へ表示するには

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

オブジェクトの選択ボタンのドラッグ操作は描画キャンバス内で有効

Word2010では、オブジェクトの選択ボタンで図形を囲むようにドラッグしても、これまでのように複数の図形を一気に選択することができません。 ...

入力候補

Access2010からの機能です。 クエリの[抽出条件]ボックスに入力しようとすると、下のように入力候補一覧が表示されます。 目的のフォー ...

保護されたビューを表示したくない

ファイルを開くと、度々 表示される[保護されたビュー]の情報バーですが、社内の共有ドライブにあるファイルでも表示されることがあります。 [編 ...

ラベルサイズ登録設定2010

Word2010でのラベルサイズ登録の方法です。 ラベルオプションを使えば、登録されていないメーカーや型番のラベルでも簡単にラベルシールのサ ...

インデントを増やす・減らす

PowerPoint2010では、PowerPoint2007で[レベルを上げる]、[レベルを下げる]の表現だったのが、[インデントを増やす ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.