リンクユニット

Windows 7 & Office 2010 Access 2010

サブフォームのソースオブジェクトの変更

投稿日:2017年1月7日 更新日:

サブフォームのソースオブジェクトを変更する方法です。

下のようなフォームを作成しています。

サブフォームの名前は、[受注サブフォーム]です。

[世田谷区]を選択すると、世田谷区のみのデータが抽出され、[墨田区]を選択すると、墨田区のデータが抽出されるようにします。

オプションボタンはコントロールのオプショングループから作成済みです。

オプショングループの作成については、オプショングループの作成を参照してください。

オプショングループの作成と選択したデータの保存

Access2010でオプショングループを作成して、その選択データをテーブルに保存する方法です。 画像はAccess2010ですが、ほかのバ ...

続きを見る

フォーム

参考ここでは[ドキュメントウィンドウオプション]で[ウィンドウを重ねて表示する]を選択しています。[ウィンドウを重ねて表示する]と[タブ付きドキュメント]の違いについては、以下の記事で解説しています。

[タブ付きドキュメント]と[ウィンドウを重ねて表示する]の違い

Access2007以降、オブジェクトを表示すると、タブ付きウィンドウで表示されるようになっています。従来からAccessを使用している方に ...

続きを見る

クエリの作成


まず、クエリを作成します。

[出荷先市区町村]フィールドの抽出条件に[世田谷区]と入力して、[Q_世田谷区]という名前を付けて保存します。

同じようにクエリ[Q_墨田区]も作成します。

クエリ 抽出条件

フォームのフレームの更新後処理に入力

フォーム[F_抽出]をデザインビューで開いて、フレームの更新後処理イベントに下のように入力します。

VBA

[世田谷区]を選択すると、左のように[出荷先市区町村]で世田谷のデータのみ、[墨田区]を選択すると、墨田区のデータのみが表示されるようになります。

フォーム オプションボタン選択

フォーム オプションボタン選択

参考以下の記事では、オプションボタンの選択によって、レポートのレコードソースを切り替える方法を解説しています。

フォームのオプションボタンでレポートのレコードソースを切り替え

1つのテーブルから、クエリを作成してデータを抽出することはよくあります。 そのクエリをもとにレポートを作成するとき、レポートのレコードソース ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

-Windows 7 & Office 2010 Access 2010

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.