1. 初心者のためのOffice講座
  2. Word2003_menu
  3. 葉書の印刷(宛名)

葉書の印刷(宛名)

スポンサーリンク

宛名の印刷

Wordを起動させましょう。
メニューバーの「ファイル」から「新規作成」をクリックします。
ファイル 新規作成


画面の右側に「新しい文書」作業ウィンドウが表示されます。
「標準のテンプレート」をクリックします。
標準のテンプレート

また2003では、「標準のテンプレート」ではなく「このコンピュータ上のテンプレート」となっています。
メニューの表示方法は同じなのですが、わかりにくければBlogの「テンプレート」を参照してください。


「はがき宛名印刷ウィザード」を起動します。

「テンプレート」ダイアログボックスから「はがき」タブをクリック。
「はがき宛名印刷ウィザード」をクリック。
「テンプレート」ダイアログボックスの右下-「新規作成」は「ドキュメント」が選択されていることを確認します。
「OK」ボタンをクリックします。
はがき宛名印刷ウィザード


はがき宛名印刷ウィザード 始めましょう!


はがきの種類を指定しましょう。例として「年賀/暑中見舞い」を選択します。
はがきの種類を選びます
はがきの種類を変更すると、背景のサンプルも変わりますが、背景は印刷されることはありません。


宛名の様式を指定します。
縦書き/横書きを指定します


宛名/差出人のフォントを指定します。
書式を設定します
書式を設定します


差出人情報は 文面の方に印刷するのでここでは チェックボックスをオフにします。
差出人の住所を入力します


ここで「他の住所録ファイルを差し込む」を選択して 「参照」をクリックすると
「住所録ファイルを開く」ダイアログボックスが開いて 作成済みの住所録を使用することもできます。

注)「他の住所録ファイルを差し込む」を指定すると連名が表示されません。
連名を表示したい場合は、「標準の住所録を差し込む」を選択してください。
はがき宛名印刷で連名が表示されない←ここで解説されています。

差し込み印刷を指定します
宛名の敬称
差し込み印刷を指定します


終了です!


はがき宛名印刷ツールバー


宛名を入力しましょう。
「データフォーム」ダイアログボックスを使って宛名を入力します。


「差し込み印刷の宛先」ダイアログボックスを開きます。
差し込み印刷の宛先ダイアログボックス
編集


Wordの標準の住所録データフォームとして 「Address」が自動的に作成されます。
データフォーム


タスクバー
差し込み印刷の宛先


タスクバー


このままでも入力できます。「データフォーム」ダイアログボックスを利用すると追加や削除が簡単です。
データフォームダイアログボックス
データフォーム


入力した内容が表示されます。
内容の表示
閉じるボタン


保存確認メッセージウィンドウ

ここで保存したデータは 「マイ ドキュメント」フォルダ、「My Date Sources」フォルダの「Address」ファイルに保存されます。


はがきに宛名が表示されています。

すべてテキストボックスでレイアウトされてるので、住所や名前の書式は変更することができます。
変更したいフィールド(テキストボックス)を選択して、書式設定ツールバーのボタンを使って変更することができます。
あるいは文字列の一部を変更したい場合は、変更したい文字列を選択して、
右クリックのショートカットメニューの「フォント」から変更することもできます。

テキストボックスについは、テキストボックスを参照してください。
完成

Tweet



Word2003 menuページへ
Copyright(c)2001-2014 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.
このページのトップへ戻る