おすすめ記事

同じカテゴリー

互換性を保持して保存するには



Word97-2003文書(*.doc)で保存されている文書は、まだ多く使用されていると思います。
新機能を使うには、新拡張子(*.docx)として保存しなければ使用できないので、[名前を付けて保存]で[Word文書(*.docx)]を選択して保存し直すこともあると思います。
あるいは、Backstageビューの[情報]から[変換]ボタンをクリックしてファイルを変換すると新機能が使えるようになります。
ただ、この時に気を付けてほしいことがあります。

下は、ワードアートを使用した旧バージョンの文書です。拡張子は(*.doc)です。
旧ワードアート
これを[名前を付けて保存]で[以前のバージョンのWordとの互換性を保持保持する]のチェックボックスをオンにして保存した場合と、オフにして保存した場合の違いを知っておいてください。

[以前のバージョンのWordとの互換性を保持保持する]のチェックボックスをオンにして保存します。
名前を付けて保存ダイアログボックス
ワードアートを選択すると、[ワードアートツール]タブになって編集できます。
ワードアートツール
[名前を付けて保存]で[以前のバージョンのWordとの互換性を保持保持する]のチェックボックスをオフにして保存します。
名前を付けて保存ダイアログボックス

スポンサーリンク

メッセージが表示されます。このまま[OK]ボタンをクリックします。
メッセージウィンドウ
ワードアートを選択すると、[描画ツール]タブとなります。
描画ツール
※旧ワードアートとして編集したいのであれば、[名前を付けて保存]で[以前のバージョンのWordとの互換性を保持保持する]のチェックボックスをオンにして保存してください。
旧バージョンの図やグラフを保持する場合も同じです。


また、Backstageビューにある[情報]から[変換]をクリックした場合は、[名前を付けて保存]ダイアログボックスに[以前のバージョンのWordとの互換性を保持保持する]の項目はありません。
変換
各モードで使用できる機能一覧が掲載されています。
以前のバージョンのWordで作成された文書をWord2013で開く

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする